読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休みの日に休まない

余暇

今日から三連休だが明日から2日間バタバタするので,1日かけて締め切りの迫ったものを片付けた。ゼミ発表のレジュメに,書評のお仕事。書評はずいぶん陳腐なものを書いてしまい,まぁ最初だからこんなものかと自分をむりやり納得させた。
さらにペンネームも考えなければならなかった。だいたい先達は漢字一文字をペンネームにしており,自分の名前に由来するものが多かった。私はそれでしばらく悩んだ。主な思考回路は以下の通り。

  1. 舞姫」から「舞」を取って「姫」案:自称「姫」だなんてどこの小悪魔アゲハかと思ったので,即却下
  2. 舞姫」→エリス→「襟」案:あまりにも慣れないアイデンティティを自分に植えつけなければならないので却下
  3. 「舞」を「枚」または「米」と変換し直す案:なんか華がないので却下

悩んでいるうちにどうでもよくなってきたので,適当に決めた。
書評を書き終えようかとしているところへ,イギリス科の先輩方2人から電話がかかってきた。なんでも今そのうちのお1人のお宅で酒宴を開いており,お前も来ないかというお誘いであった。電話がかかってきた時点で19時半であった。やり残したこともあったし,即座に決めかねたので,少し考えてからお返事しますと言って電話を切ったが,これからやることを終わらせてお宅へ向かっていると滞在時間は1時間満たないくらいになってしまうし,みなさん出来上がっているところに素面で乗り込むのはあまりに気が引けるしで,やめておいた。