読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ知らない明日のHappy 物語は僕らで作ろう

余暇

高速バスは価格だけで予約したのだが,おそらく日本で一番きちんとした会社が運営しているにも関わらず,乗り場を調べなければと思ってバスの名前で検索してみると,Yahoo!の検索関連ワード第3位は「○○号 炎上」だった。
……炎上って何!?
と思ってその関連ワードを調べてみると,どうも過去に東名で炎上事故を起こしたらしく,しかもその路線はもちろん東京大阪間だったらしく,親切な報道により骨組みだけが残ったバスの写真など見ることができた。唯一の救いは,死傷者がいなかったところ。緊張が走るが仕方ない。乗り場で初めて見たバスの現物は超が着くほど巨大であり,私の席は二階席の一番後ろだったのだけど,そこから見るとまるで奴隷船の気分であった。一番前の席が見えない!また席の関係で,走行中は大いに揺れた。というか体が何度も浮いた。そんなこんなで大阪駅桜橋口に到着したのが8時過ぎ。

ちもりんことの再会

ともちゃんと10時に待ち合わせ,梅田の街を案内してもらう……はずが,結局東京で2人で遊ぶのと同じようなことをやった。岡山に実家がありながら大阪への憧れをほとんど持たず,したがって大阪に遊びに来たこともないので,今日で少し大阪に詳しくなれるのではないかと思っていたが,道は険しそうである。
まずはローラ・アシュレイのお店へ。お店は11時開店で,私たちが着いたのは10:55頃。ローラ・アシュレイ開店待ちという,きっと店員さん自身も経験のないようなことをやってみる。私もともちゃんもローラ・アシュレイが好きなので(以前にも書いたが私の寝具はローラ・アシュレイの子供部屋シリーズ),2人して大いに悶絶しながら店の中を散策した。ともちゃんは若奥様にふさわしいエプロンと,お母様にお皿をご購入。私も何かと思って,1人酒用のワイングラスとか,予定のない休日用のブレックファーストプレートとか,ついつい独り暮らしを充実させるアイテムを買いそうになったので,やめておいた。次のお店では,彼女が取り込んでいる間に,something blueのガーターベルトでもプレゼントしようかしらと物色してみたが,意外と高かった。というわけで買わなかった,というかとりあえず見送ったくせに,私の時はsomething borrowを彼女から借りようと決意。
それから地下街の広東料理屋でランチをいただきつつ,様々の近況報告。私としては一刻も早く彼女と大学院ライフを共にしたいので,早く不況が終わってほしいとは思うが,それでもやっぱり今月末からの新婚生活は楽しそうである。不況が終わるのはいつかわからないけれども,それまでラ・ヴィ・アン・ローズを堪能してくださいな。ご新居に遊びに行くので,お相手よろしくお願いいたします。この日記を読んでくださっている旦那様へ。

Winter Party Diamond@京セラドーム

15時半くらいにともちゃんと別れて,私は単身京セラドームへ。NewSのコンサートへ行って来ました!
先に会場に着いていた妹と友人からのメールで「グッズが売り切れた」ということを聞いていたので驚いていたが,果たしてそのようであり,妹はうちわを急遽友人から貸してもらうという異常事態になっていた(友人はこの前に2回別の公演を見ていた)。小山くんと亮ちゃんのうちわ,持って来ておいてよかった。亮ちゃんのは夏の関ジャニの時の,完全に宗佑さんなやつだったが。
席はスタンドだったけれども,京セラドーム自体小さいこともあって,割といい席の部類に入るものだった。山Pのソロなぞ,ステージの仕掛けのおかげで,目の前でした。目の前にあの山下智久だよ。いやーびっくりした。しかし密かに「抱いてセニョリータ」を期待していたのに,なかった。当たり前か。
「Happy Birthday」「weeeek」「裸足のシンデレラボーイ」から始まったコンサートは,最初から最後までピースフルな雰囲気でした。ただ,うち1曲妙にやらしい「バンビーナ」という曲があり(歌詞を検索してみましょう),曲中で山Pが「もっと感じさせてやるよ」と囁いて会場が「キャー」と黄色い悲鳴を上げるという,まぁお決まりのパターンなのだが,真横で実妹が「キャー」と半狂乱になっていたときの姉の立場を皆さん慮ってください。会場を揺るがす嬌声の中,一人げっそりとため息をついてしまった。しかしNewSは専門ではないのでそこまで詳しくはなかったのだが,こんな曲があったのね。ガンダラーダ,ガンダラーダ♪なんて歌っていたから油断していたのに。まぁでもしかし,NewSは総じて良い曲が多い。歌詞もポジティブ。そしてコヤシゲ(小山くん+加藤くん)の予想以上の格好良さに瞠目した。彼らの在学中,なぜ足しげく明大と青学に通っておかなかったのか,自分を呪いたい。
楽しくコンサートを満喫した後,3人で10分少々で晩御飯を食べ,そのまま新幹線に乗るため新大阪に行く妹と友人を見送り,私はマックで少々時間を潰してから,炎上奴隷船で大阪を後にした。強行軍ではあったけれど,皆さんのおかげで楽しい1日でした。

超名曲「チェリッシュ」をどうぞ。