読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも恋する忍野村(1日目)

余暇

神様,束の間のお盆休みをどうぞお許しください!と,机の上のGaelic Journalから感じる視線を必死で無視して,みほちゃんと2人,1泊2日で新婚のお宅にお邪魔してきました。
さてタイトル説明。『それでも恋するバルセロナ』をご覧になった方は,私=ヴィッキー,みほちゃん=クリスティーナ,という変換を行って読んでいただければよろしいかと……はっ,でもそれだと,ともちゃんがマリア・エレーナ(離婚してないけど),inashoさんがフアン・アントニオになってしまう!

しゅっぱーつ

10時過ぎに新宿駅新南口で(マキシ丈ワンピなどという超リゾートファッションに身を固めた)みほちゃんと待ち合わせ,高速バスに乗り込んで北上。待ち合わせる前に私はマックでベーコンポテトパイを1つ買い,店を出たところで,あっしまった,みほちゃんのも買えばよかった,と悔やんだのだが,いざバスに乗り込んでみると,彼女はとても立派なデリのバゲットサンドのようなものをお持ちであり,無用の心配であった。私のツンデレっぷりやら,彼女のスパークリングな日常について近況報告をしあったり,「パーティー」なるものについてご教示願ったりしているうちに,すぐにバスは御殿場アウトレットに到着。所要時間2時間弱って,かなり近い。箱根にも近いしね。

アウトレット

私は2回目の御殿場アウトレット。あのアウトレットって,服はそこまでいいものが揃っているとは思えないのだけど,いかがでしょうか。ただ化粧品は安いかもしれない。3時間ほどいたが,私は父に頼まれていた香水を買い,みほちゃんはお母様が「パルミジャーノ・レッジャーノ」をおろす時のためにと,デロンギで「チーズ削り機」なるものをご購入されていた(10000円→1000円!)。やはり彼女はセレブリティだと思った。
しかしこのチーズ削り機,9割引にしてなお,全く売れ行きが芳しくなかった。チーズを削るために特化された(他にも「ナッツやチョコなども」削れるとは書いてあったが)機械をわざわざ10000円で買う人などいるのだろうかと話したが,デロンギの商品は総じて無用の長物が多いと感じた。例えばミッキーのアイスクリームメーカー,「材料を入れて冷凍庫に入れておくだけで」とあるのだが,これが冷凍庫にまさか入りそうもないような巨大な代物なのである。お金持ちを対象とした「キッチン便利グッズ」みたいな印象だった。

若奥様と待ち合わせ&「紅富士の湯」

ひとしきり買い物をした後ともちゃんと待ち合わせて,車で30分ほど走ってご自宅の近くの温泉へ。なんでも「村民割引」が受けられたようで,なんと300円で入湯することができた。
が,この温泉,入湯人数に対して洗い場の数が追いついていないようで,入り口には「ただいま洗い場は順番待ちです」との看板が立ち,入ってみると裸で前だけ隠した女性の行列ができていた。ついついアウシュヴィッツを連想してしまったのは言うまでもない。
ようやく洗い場に辿り着き,お風呂へ。室内で2つとミストサウナに入ったあと,露天風呂に行ったのだが,これがすばらしく気持ちよくて,3人そろって皮膚がふにゃふにゃになるまで入っていた。ここでのガールズトークのテーマは「イケメンと美について」。イケメンとは本来「(外見が)イケてるメンズ」のことであるが,私とともちゃんは「一緒にいて幸せな人は(自分にとって)イケメンではなかろうか」と主張したのに対し,みほちゃんはその人と会った時に放出されるアドレナリンの量について力説。今度から気を付けてみます!

突撃!隣の晩ご飯

お風呂で2時間ほど過ごした後は,いよいよ新居へお邪魔した。もう暗くなっていたが,その中にあってもわかるほど黄色い建物群の中に社宅はあった。私たちを出迎えてくださった旦那様はフットサルで全治3週間の捻挫をなさっていたそうで,とんでもない時にお邪魔してすみませんでした。
御殿場で買ったゴディバのおみやげを渡したりした後は,奥様の郷里・大阪の名物,たこ焼きパーティー。いぇーい。
  
左が奥様のご用意くださった前菜(?)。手の込みようとヘルシーさと彩りの美しさに圧倒される。そういえば鶏の煮込みのレシピを伺うのを忘れていたので,教えてください!そして右が制作中たこ焼き。なんだか主婦パワーに驚愕してしまった私とみほちゃんは,「もうちょっと工夫して料理しなきゃね……」と力なくつぶやく次第であった。エリカ・アンギャル*1も,美のためには和食が一番だと言っているとのことだし(ガールズトークで得た情報),意識して和食のレパートリーを増やしたい。脱・「肉食系」女子!
おしゃべりは間断なく続いていたが,みほ女史が5回の発言につき1回ほど名言を連発していて素晴らしかった。ここでの名言,そしてこの旅行中のMVW(Most Valuable Word)は何と言ってもこれ,「あたし,牛乳みたいな生活がしたいんだよねー」*2

恋のから騒ぎ

食事中にビールをたらふく御馳走になって,結構な酔いっぷりではあったのだが,そのあともビールとチューハイをお伴にしゃべり続ける。旦那様はさしずめ「恋のから騒ぎ」の男性ゲストのようになっていて,非常に申し訳ないことをいたしました。
私が何か恋愛に関することを言ったあとだったと思うが,ここでもみほ様の名言,「ルンルンしようぜー♪」が出る。一瞬なにごとかわからなかった(なにやらとんでもない書きぶりになっているが,彼女は本来,非常に聡明で有能な,それでいてピアノもプロ並みであり,かつ超魅力的な女性です)。
旦那様がお休みになった後は,いきなり将来についてとかの真面目な話になり,3人とも面白いほど声が低くなった。そして2時半頃就寝。楽しい旅行は明日へ続く。

*1:

世界一の美女になるダイエット

世界一の美女になるダイエット

*2:どうも「牧場での生活」みたいな意味であったらしい。