読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋の更新など

余暇

更新手続きの時期がやってきたようで,9月中に更新するかしないか申し出ろと言われている。うまくいけば妹が来年から上京して一緒に住むかもしれないのだが,それもあくまで「うまくいけば」の話で確証がない。いかんせん妹は崖っぷち受験生どころか,崖から落ちかけているのに辛うじて襟のあたりが崖から出た木の枝か何かに引っ掛かっているような状態なのである。
さて,どうすればよいでしょうか。こういう経験をお持ちの方は特にうちの大学には多いかと思いますので,どうすべきかアドバイスをいただければ幸甚なのですが。選択肢は要するに次の2つなのだが。

  1. 「うまくいく」ことを見越した場合:更新手続きはせず,2人用の部屋を予約しておく。
  2. 「うまくいかない」ことを見越した場合:とりあえず更新する。

どちらも,その反対のことが起こった場合においてハイリスクである。まず1番の場合,うっかり「うまくいかなかった」場合,1年間無駄に高い家賃を払う羽目になる。まぁ,私はおかげで優雅に2人用の部屋に1人で暮らせようというものだが,メンテナンスが大変そうである。そして2番の場合,うっかり「うまくいってしまった」場合,妹の部屋を余分に借りる必要が生じ,こちらもまた無駄に家賃がかさむことになる。まぁ,私はおかげで優雅なる1人暮らし生活が続くことになるので,よいのだが。ついでにうっかりそうなった場合,2人部屋が見つかるまで妹は叔父の家に居候させるとかいう手段もあるにはあるのだが,これは私が妄想しているだけなので実現性は薄い。親族とはいえ,そこまで迷惑をかけるわけにはいかないだろうし。というわけで皆様,どうなさっているのでしょうか。
ところでうちの妹は,以前にも何度も書いている通り家事を全くやらない女なので,一緒に住んだりすると私がすべての家事を請け負うであろうことは火を見るよりも明らかである。とはいえ私だって実家にいた時は家事なんてほとんどやらなかったのだが,1人暮らしをすると嫌でもやらなければいけないので,それなりに生活能力を身につけることができた。しかし2人暮らしとなると話は別であろう。家事の分担なんてご冗談である。妹のためを考えれば分担するのがよいのだろうが,私は何をやる時も,人と分担したために効率が悪くなったり,結局その人のフォローをする羽目になったりするくらいなら,多少大変でも最初から自分ですべて引き受けてやった方がよほど楽だし安心できる性質なのである(社会性がない気がしてきた)。既に色々な人からも「舞ちゃんにおんぶにだっこになっちゃうわね」と言われている。違う意味で,妻になる前に母になってしまうのではなかろうか,というのが最近の私の悩みである。考えていると暗くなってきたので,もう寝る。

プルートで朝食を [DVD]

プルートで朝食を [DVD]

明日こそは一次史料を全部読んで,そうしたらご褒美にこれ見よう。