読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知見を広める

余暇

今日は知見を広めるという名目のもと,友人がお声をかけてくださった何たらに参加してきた。山中で開催されるレイブ等々ではないのでご安心ください。
とりあえずふにゃふにゃとその場に座っていたが,なるほどこういうものなのだなと思った。ただ,自分では結構会話していたつもりだったのだが,そのあとで友人から,あまり話していなかったが大丈夫だったかという旨のメールを受け取り,へっ,そんな,とあわてて恐縮してメールを返した。
そういえば昨日,どういう方向からそういう話になったのかよく覚えていないが,日本の性産業がいかに複雑に,しかも段階を踏んで,入り組んだ発達を遂げているかという話をしていた。広義で言えばキャバクラ等々の「軽いおしゃべり」から行為を伴う売春にいたるまで,いわば「聖域」に入ってゆくかのように扱われている様は,欧米の人々から見れば驚天動地に値することであるらしい。ああ,そこまで書いて思い出したのだが,確か懇親会の受付がひと段落済んでほとんどの参加者の方々が会場に入ってしまった後で,一緒に受付をなさっていた先輩と,その時にいらしていたもう1人の先輩と一緒に話したのであった。立ち仕事など,とにかく立ちっぱなしでいなければならない時,「ああ疲れた」などと言って片足ずつ振ったりまわしたりしてほぐす仕草は,欧米の特に街頭では決してやってはならない,なぜならそれはprostituteの仕草だからだと聞いたことがある,というお話を先輩がされて,それからそういう話になったのだった。
で,性産業と一緒にするのは気が引けるが,そういえばこれも,考えてみれば日本独自の「複雑怪奇に,しかも段階を踏んで」発達したシステムの1つではなかろうかと帰り道にふと思った。そしてそのシステムにすっかり慣れてしまっている私たちは,おそらく思った以上に段階に対して忠実であり,そしてたぶん,保守的なのである。ついでだから大変アホなことを告白してしまうと,この間,携帯で誰かと話している時,その昔好きであった人(結構前に好きだった人なので,出てきてびっくりした)からいきなり抱きしめられてその上「部屋に行ってもいいか」と聞かれ,ここまでは甘い夢なのだが,そのとき真っ白になっている私の頭をようやくよぎったのが「今日は部屋が汚いから無理」ということであった,というを見たのだが(せめて夢なら都合のよい結末になればよいものを,私の夢はいつもどこかビターである),あのオチはたぶん,「ありうべき返事」としてはあながち間違っていなかったということだ。目が覚めた時は,それはそれはがっかりしたのだが。夢だったからというわけではない。そんな夢を見てしまうほど必死なのか私は,と自分に失望したのである。
ちなみにこの夢のキーワードは,以下のような意味をもつそうである。

不安定なココロの状態を示します。恐れ,迷い,不安があるのかも。運勢は下降の兆し。暗い気分で過ごす日が続くことになりそうです。問題を抱えているのなら,しばらくは解決しないことを暗示します。

好きな人

あなたの好きな人に対する思いがストレートに反映されます。好きな相手が恋人になる夢なら,その人と結ばれたいと思う願望が表れます。

携帯

誰かともっと強く関わりたい・つながっていたいというココロの表れです。また,自分の気持を伝えたい・わかってほしいと思っているのかもしれません。夢の中で楽しく話すほど,その思いは強いようです。

抱きしめる

愛されたい・守られたい・頼りたいなど安心感を得たい気持の表れです。愛情を求めているのでしょう。愛されているということを確認し実感したいのかもしれません。嫌な印象の夢だったなら,誰かからの愛情を重荷に感じていたり恋愛面での不満があるのかもしれません。

部屋

居心地のよい部屋の夢なら,家庭や職場など,今いる環境が落ち着いているしるしです。波乱もなく順調な生活を暗示します。しかし、夢の中の部屋によい印象をもてなかったら,ココロや生活が乱れていたり,改善すべき点があるようです。運気は低下する兆し。生活に悪い変化が起こりそうです。

意外とわかりやすい夢でしたね。「夜」と「部屋(汚い)」が不安要因を表し,しかも凶兆であり(どうせ修論関係でしょ?),情けないことに「携帯」「抱きしめる」はどうも恋愛願望であり……気分が落ち込んできました。さらに見逃せないのが「好きな人」である。私は好きな人に,しかもかなり昔好きだった人に,いったい何を求めているのか!?
甘い気分になどなろうはずもない。未練がましい性分とひたすらの修論への不安を指摘されたのみで,情けないこと至極である。