読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小早川→アイビースクエア

余暇

先週出かけていたせいで見損ねた「天地人」を,今日再放送で見た。大河ドラマというものはたいてい時間の流れが恐ろしくゆっくりなので,1話や2話見逃しても特にどうということはないのだが,前回のは本当に見ておいてよかった。関ヶ原であった。
岡山ローカリスト(?)である私が注目するのはやっぱり宇喜多秀家であり小早川秀秋なのである(岡山県民の誇りは天下の名君・池田光政公なのだが,光政公が出てきた大河ドラマなんて見たことがない)。その点,「天地人」はどちらも結構フォーカスしてくれているので大変うれしい。特に小早川は上地雄輔である。小早川秀秋宇喜多秀家流罪後における備前岡山のバカ城主*1であるが,それを差し引いても上地雄輔,ナイスキャスティングであった。というのも前回の「天地人」では,小早川がいかにして西軍を裏切り東軍に付くかが細かな心理描写とともに描かれていたのだが,どちらが有利かを冷静に判断したとか,権謀術数に長けた感じの狡猾な小早川像ではなく,おろおろおろおろ優柔不断に決めかねた末,最後にはやけっぱちになって大谷刑部を奇襲するというダメな小早川像を見事に演じていたと思う。そしてこちらの方がおそらく真に近く,また「義」を絶対善として描く「天地人」においては,小早川の裏切り行為はこのようにフィーチャーされねばならないものなのだろう。いくら裏切りとは言え,小早川寝返りの顛末がこんなにしっかり描かれている大河ドラマは初めて見たように思うのだが,私の勘違いであろうか。どうも小早川寝返りって,「なに!小早川が寝返ったとな!」くらいにしか描かれてこなかったように思うのだが。しかしこの回の「天地人」において,いや「天地人」全体においてと言っても過言ではないくらい,小早川寝返りは名場面であったように思われる。岡山県民に,他人の動向に対していやに敏感だったり,肩書に異常な執着を示したりする人が多いのは,この小早川の殿様と何か関係があるのでは,とか私は実は思っていたりする(さすがに関係ないだろうけれども)。かく言う私も,西軍(西日本)を裏切り東軍(東日本)に根付いてしまいました。というのはまぁいいとして,これから小早川がどんな風に扱われるか,楽しみです。
歴史を学ぶ私のような人間にとって,大河ドラマは大きな示唆を与えてくれるものである。つまり,誰に主眼を置くかによって,他の登場人物へのフォーカスの仕方がかなり変わってくるという点において。今回は直江兼続についての話なので,敵方にあたる徳川は,ずいぶん老獪な描かれ方をしている。小早川の描かれ方もまたその通りで,これが例えば東軍側の話であれば,もしかすると知略に長け,情勢を的確に判断できる有能な武将として描かれる可能性もあるのである。これはおそらく,歴史ではまま起こりうることだと思う。例えば私は卒論でパーネルを扱ったので,卒論を書いている時はアンチ・パーネライトの筆頭であるティモシー・ヒーリー議員などもう品格に欠けた裏切り者としか思えなかったのだが,いざ修論アイルランド語復興をやりはじめると,このヒーリー議員がもう,いろいろな貢献をしてくれているのである。人にはいろんな面があるんだなぁ,と当たり前のことをいまさら学んだりする。歴史は本当に役に立つことを教えてくださいます。ありがたや。
さて,宇喜多に小早川にと岡山の殿様盛り沢山な「天地人」を見た後は,岡山に対するノスタルジーが湧き上がってきてしまい,急遽パソコンの壁紙で岡山県に関係のあるものを渉猟して,いろいろ試した結果,倉敷アイビースクエアに決定した。最初は瀬戸大橋で探していたのだがいまいち良いアングルが見当たらず,洞窟好きが高じて満奇洞やら井倉洞にしようかとも思ったが,さすがにそんな写真では郷愁を誘わず,岡山城も後楽園もいまいちだったので,消去法で倉敷に決定したわけであるが(故郷である玉野市の壁紙など最初からなかった),これにはポジティブな理由もひとつある。何度かここにも書いたことであろうが,倉敷(の,特に美観地区)は私にとって,観光名所である以前に,ピアノのコンクールスポットなのである。そのせいか,今も美観地区に行くとほっとするどころか,いろいろと思い出されることが多い。特にアイビースクエアは,コンクールの結果発表ののち,多くは失意とともに,母の顔色をうかがいながら立ち寄る場所であったのである。なので修論を準備している今,アイビースクエアの画像を壁紙に設定しておけば,常に身の引き締まる思いでがんばることができるのではないかと,そう考えました。書いてみて気づいたが,なんだかちっともポジティブではない。それどころか,マゾヒスティックですらあるような。
ちなみにアイビースクエアにはもうひとつ話題があります。アイビースクエア,両親が挙式した場所でもあるらしいのですが,その時母は今の私の年齢だったそうです。沈黙。たまに女の子同士で話すことですが,母親の嫁いだ年齢,母親の初産の年齢は,女子にとって関門となりうるようです。おそらく,私にはもう勝ち目がありません。たとえば,あと4ヵ月弱の間に電撃婚などというようなことがあれば話は別であるが,それも無理でしょう。というのも修論,私が意味不明の計算ミスをしていたせいで,目標期日までに第1稿を仕上げるためには今後1日につき最低6000字は書き進めなければならないという,世にも恐ろしい結果が出たからです。1日6000字書くためにはそれなりの準備もいりますし,そんなことをしている限り,きっと恋に落ちる隙などないでしょう。とにかく色恋沙汰に縁遠い私を「隙がないから」と慰めてくれる友達も大勢いますが,これからは冗談でなく,隙のない女になってしまうことでしょう。ああ,私のアイビースクエアはいずこへ。

*1:なんて可愛いもんではなく,暴君であったらしい。でも,ちゃんと岡山で治績は残したらしいです