読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドグラ・マグラ

勉強

非常時の常というものか,実は最近,精神状態が非常に不安定になってきて,誰かのちょっとした一言がいやに気になったり,今までの3倍くらいはくよくよ悩んだりしております。行動もやたら潔癖症的になってきて,パソコンについている指紋が許せなくなり,犯罪者でもあるかのように痕跡を消したりしています(Lavieのガラス仕上げとやらのせいである)。アルコール配合量が普通のものよりも多めなウェットティッシュも買ったりしました。深読みはときに妄想にまで膨れ上がりますが,まぁこれはいつものことです。日ごろあまりこういうことを人に申し上げずにこっそりやって悦に入っているのですが,ほらこのご時世,何かあった時はまずその人が持っていたブログや日記を読まれますから,一応心境の変化*1をここに記しておきます。紳士淑女のみなさま,こういう状態ですので,私がなにか変なことを口走ったり変な行動を取ったりしていたら,ああアレか,と思ってください。特に親しいお友達のみなさまには,欲を言えばちょっと気にかけてもらいたいです。例えば,31に一緒に行ってくれるとか。今年のハロウィン限定フレーバーはまた4種類あって,「キャンディマン」と「マジカルミントナイト」は私が購入いたしますので,残り2種類を買っていただいて,ちょっと味見させてくれるとか(もちろんこちらの2種類も差し上げます)。昨日電話した戸籍上の男性にも同じことを頼んだのだが,「ひとりで行きなよ,まぁ,『すっごいさみしい人』って思われるだろうけどね!あはは!」と言われ,挙句の果てには「ところで俺,彼氏できそうだよ」と言われた(彼とは「どちらが先に彼氏できるか」という話をしていた)。もはや彼に勝てるところは,私が生まれながらに女であるということしかない。うらやましいでしょう!
さて,上のように脳内フィーバーな状況なのは確かなのだが,まぁ何かをなす時というのは多少精神異常な状態になるくらいでないと,というのが私の持論なので,そんなに気にしてはいない。思うように言葉に乗せられないのは辛いが,それでも内容を考えるのは楽しいし。願わくばこれがアイルランド史だけでなく,他の分野から読まれても楽しい論文であるように。しかしながら煮詰まっているのは確かである。鬱屈した気分を紛らわすために私はよく家事に手を染めるのだが,今日は大声でSum41を歌いながら秋刀魚を照り焼きにしてやった。思い悩んでいる時というのはどんな歌詞でも示唆的になってしまうもので,Everybody's got their problems, everybody says the same thing to you. It's just a matter of how you solve them, and knowing how to change the things you've been through.とデリックが叫ぶのがやたらと心にしみた。そうだよねぇ。
さて,目下困っているのはEisteddfod(アイステズヴォド)をどのように日本語で説明するか。注にちょこちょこっと書くだけのことだからそんなに悩む必要もないのかもしれないが,だからといって不適切なことを書いては全くニュアンスが伝わらない。ちなみに,リーダーズにはこのように出ています。

eisteddfod
アイステズヴォッド:毎年8月第一週に南北ウェールズで順番に開かれるウェールズ語だけの音楽・文芸祭;文学・音楽・舞踊などの芸術祭。

いや,まぁ,要するにそうなのだが,だからといって「音楽・文芸祭」などと言ったら体育祭と一緒に開かれるアレみたいじゃない。クラスで劇やったり合唱やったりするアレみたいじゃない。吹奏楽部や軽音楽部がJ-POPを演奏して大活躍するアレみたいじゃない。ギターが多少弾けるというだけでそこらの男子がやたら格好良く見えたりするアレみたいじゃない(ピアノが多少弾けてもモテないのだが,不思議なことである)。しかし私が最初思いついた訳は「文化祭」なので,それよりはなんでもマシに思えるのだが。一応今では,この第一義と第二義の折衷みたいな形で,「毎年8月第一週に南北ウェールズで順番に開かれるウェールズ語だけの芸術祭。」と注記してある。無駄のない良い説明だとは思うのだけど,まぁ,暫定ということで。
それにしても,うう,早いところ第一稿を書きあげて,今週末までには来週の学会のレジュメを作って主催の先生に送付しなければならないのに,全然思い通りに進みません。かくなる上は私が現実逃避に走らないように,お友達のみなさまは私から「第一稿ができた」という連絡を受けるまで,しばらく私からメールが来ても完全に無視とか……されるといよいよ私は発狂して虎になってしまうかもしれないので,それだけはどうか許してください。約束通り,ちゃんと書くから。

追記

もうひとつ訳に困っているもの。
Irish Irelandってどう訳せばいいんだろう……?そのままアイルランドアイルランドって,なんかバカみたいである。ニッポニア・ニッポンじゃあるまいし。かといってカタカナ表記アイリッシュアイルランドもできるだけ避けたいのだが,背に腹は代えられないということで後者かしら。

*1:「信教」の「返歌」と一発変換されたのだが,私はいったい何を書いたんだ……?