読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からまわり

勉強

そろそろ序論〜第3章(第1稿バージョン)の大工事にも入らなければと思ってプリントアウトしてみたら,やたらページ数が少なくて唖然とする。どういうことだ。字数だけは7万字弱あるというのに,字数の面ではそれより少ない先輩の修論より30ページ程度少ない。注が不完全であることと,表や図が私の修論にはほぼないことが原因として考え付くのだが,でも30ページも少なくなりますかね。謎は深まる。
おまけに今日は毎度おなじみHansard's Parliamentary Debatesを参照したくて学校に行ったのだが,どうしても欲しい情報にたどりつけなかった。なんかもう,何者かが私を阻んでいるような気がしてなりません(被害妄想)。
こんな感じで失望していたらしく,ちょっと友達に会えたりもしてリフレッシュはできたのだが,そのあと私が彼女に「みんな,何であんなにいともたやすく楽しそうに生きてらっしゃるのか(わからない)」などと書いたメールを送っていたらしいことを後々になって発見し,筆者本人でありながら驚愕した。芸能人がいきなり自殺した時そのブログが取り上げられるが,こんなのまさにその好例ではないですか。メールだからまだよかったものの。念のために申し上げておくと,私はあと80年くらい死ぬ予定はありませんのでご安心ください。将来何かあって,もし治癒の見込みのない植物状態になったとしても,決して延命治療を止めるな(もし止めたら末代まで祟ってやる)と家族には言い渡してあります。
しかし何か控えている時というのは本当に,希望と失望の乱高下が激しいので困る。