読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドゥシャン・カーライ展

余暇

道でたまたま見かけた貼り紙で知って,帰省前に行ってみた。
ものっすんごいよかった。シャガールマグリットデ・キリコエッシャーが混ざっている感じ,なんてもう言葉では表せません。幻想的で,しかしそこはかとなく気持ち悪くて,否応なしに想像力が喚起される。絵本の挿絵って,もしかしたら物語以上に重要かもしれない。字が読めるか読めないかの年齢の子供の印象に残るのって,やっぱり絵ですよね。私も将来親になったら,子供にはぜひとも,センスのいい絵本を選んでやりたいと思います。
今年はあんまり展覧会に足が向かなくて,どうしてもこれは外せないというレベルのいくつかしか行けなかったけれど,おそらくは年内最後になるであろう展覧会がこれで本当によかった。1月中旬まで開催らしいので,東京においでの方はぜひ足をお運びください。
冬休みの過ごし方について説明するために,今日は家庭教師先に5時間も滞在。でも実働時間は2時間半なので,それしか給与には反映されない……けれども,教育ビジネスなんてそんなもんです。帰りにふらっとコンビニに寄って,花畑牧場特製生キャラメルアイスとやらを購入。380円。花畑牧場の生キャラメル(プレーンに限る)は繊細な薄味で割とおいしいと思うのだけど,このアイスはなんというか,一口食べた瞬間「どうだ生キャラメルだぜ!例の生キャラメルだぜ!ありがたくいただけ!」と言わんばかりの自己主張で,甘党の私も上層2mmくらいを食べただけで,蓋をして冷凍庫に戻してしまった。