読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年のうちにカタをつけたいことなど

つれづれ

とりあえず2009年のうちに,バラード2番をどうにかこうにか形にしたい。だらだら練習しすぎて,譜読みから1年が経とうとする今もまだまともに弾けない。同じくフォーレもまだ弾けてないのだが,ちょっと集中して練習したら,こちらはそこまで難しい曲ではないのでなんとかなりそう。
学振のことを昨日ここに書いたので,今日は様々な方からお祝いのメールをいただき,久しぶりに「メールの返信に忙しい」という状態になりました。みなさま,本当にありがとうございました。案の定だが,私の学振の行方は結構「固唾を呑んで」見守られていたようで,「心配していた」「本当によかった」などというお言葉が多かったです。冷や冷やさせてばかりで本当にすみません。あいつなら絶対大丈夫,と言われるくらいの人間になりたいものですが,どうも昔から危なっかしいようで。本人はいたって平気だったりするのですが。
しかし学振がどうだと言っているということは,いよいよ博士だということで(この間修論書いたから,そりゃそうなのだが),ということはいよいよ留学が目前に迫ってきたということで,もう何をするにも猶予がないんだなぁ,と今日ひしひしと感じた。「そのうち」英語を話せるようにならないととか,「そのうち」批評理論も勉強しないととか,もう「そのうち」が通用しなくなる。というより,別に「そのうち」で逃げていてもいいのだけど,逃げた分はきっちり後々ツケが回ってくるということで,要はどこでやるかということです。日本で勉強するのもあと本当に数年だろうし,留学する前に,日本でできるようなことはやりつくしておかないと。何事も期限が近づくとそうだけど,そろそろ逆算で物事を考えなければならない。