読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手稿文書講習会5日目(最終日)

学校

そういえば,平日に毎日学校に通ったのなんて何年ぶりだろうか。楽しかったが予習に時間がかかり続けた手稿文書講習会も今日で最後。
今日は最難関レベルに挑戦,ということで近世文書にチャレンジ。読めるところもあり読めないところもありという感じだったが,最初教材をもらって見た時は,先生のおっしゃる「目の前が真っ暗になるような感じ」をまさに味わったので,それに比べれば格段の進歩だということにします。それから割と悪筆であるらしい手紙を2通読んだのだが,こちらもなんとかかんとか,1人で読み切るのは無理にしても,解説を受ければわかる程度にはなった。「ここまで読みにくいのが出てくることはほとんどない」とのことだったので,これで堂々と史料調査に行って手稿文書にも手を出せそうです。わーい。
今日もお昼は昨日と同じそば屋さんだったのだが,2回目ならと,ついに「もつ煮込みラーメン」を頼んでみた。私と先生の他にもう1人頼んでいらっしゃったのだが,その方はもつが苦手なのについ頼んでしまったようで,苦戦なさっていたようだった。
お昼の後は先輩と研究室に行き,お茶を飲みながら解放感に浸った。今日からゆっくり寝られる!もう1人先輩がいらっしゃったので3人で話していたのだが,その会話の中で,提出すべき書類の書き方や要領もわかったし,留学などについてもまた情報が得られたし,おまけに解放感に満ち溢れて楽しかったし,さらには今度の演奏会の宣伝もしっかりすることができたし,いいことずくめでした。勝間和代はすべての無駄を省けと言うが,無駄に見えるものの中に大切なものは多く隠されているので,私はそこまで徹底することはできません。時には脱線しませんと,ねぇ。解放感のあまり,今日は帰りに「不毛の殿堂」ソニプラに立ち寄るなどという堕落を犯してしまった。