読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おわびとお礼とご報告

つれづれ

まず,公の場において私的な,それも私的な上にミーハーな呼びかけを行ったことを心よりお詫び申し上げます。どうやら私のミーハーのレベルはさらに悪化し,「撒き散らし型ミーハー」になってしまったようです。いや,昔からその兆候はあったのですけれども。というか,昔からそうでした。何が「行動するミーハー」だ。というわけで,お詫びすべきことは2点です。まずは,そもそもご協力を募ってしまったこと。それから,ミーハーの度合いの鯖を読んだこと。そういえば私は,アイルランド語教室の新年会で先生のお宅にお呼ばれした時も,そこで出されたほぼ全ての芸能関係(特にドラマ)の話題に付いて行けた(いや,付いて行けたなんてもんではなかった)ため,先生の奥様から「東大の院生さんだなんて言うからどれだけ真面目なのかと思ったら,ミーハーなのね!」と驚嘆された経験まである女であった。「取り付きにくい堅物だと思っていたら気さくな人だった」という風に都合良く読み替えておこうと思う。そしてこのことが,私の母校であるところの大学の品位を貶めたりすることがないよう祈っておこうと思う。
さて,こんな風に各方面に不快感を与えた私の呼びかけですが,なんと協力してくださった方がいらっしゃいました。その方の名誉を傷つけることになってしまってはならないので特定はいたしませんが,おそらくは次代の中世史を担われる方です。つまるところ研究室の同僚です。きっと20〜30年後,「○○先生,修士の時に××に言われて渋谷駅でanゲットしたことがあったらしいよ」と駒場の1106教室とかでひそひそ噂をされることになってしまうでしょう。しかしそのことが,いかにもクールで切れ者な容貌である長身の彼にユーモラスなエピソードを付与することに……なりませんね。はい。伏してお詫び申し上げます。
しかしながら私は約束は守りますので,彼からリクエストをいただきました。彼からいただいたリクエストは2番目の「ピアノであなたの好きな曲を何でも」でした。アイルランドカラーの洋服に身を包む,でなくて本当によかったと胸を撫で下ろしたのも束の間,彼から与えられたのは次の課題曲でした。

……まことに甘いことに,世の中にクラシック以外の音楽のジャンルがあることを忘れていた。クラシックなんて,タワレコで言えば2フロア分あるうちの,上のほうのフロアの隅の方の一角に過ぎなかった。いや,よくてまぁジャズだろうと思っていた。ジャズ苦手なんだよなぁ,でもたまにはジャズもいいなぁ,などと呑気に考えていた。ガンズアンドローゼス……
というわけで,私の今後のピアノ練習スケジュール(暫定)は以下のようになります。

〜3/21 バラード2番に専念
〜次回のレッスン バッハ平均律の暗譜
次回のレッスン〜 ガンズアンドローゼス

ガンズアンドローゼス,披露日程は未定ですが,私の予定としては依頼人であるところの彼の結婚披露宴です(ほら,だって曲がハッピーだから)。そして今回は,ご協力くださった彼への感謝の気持ちということで,特別に私からの申し出でもう1つ付け足しました。

題名がこっ恥ずかしいのは置いといて,好きです。個人的にはこちらの方がピアノアレンジには合うだろうと思われる(もともとピアノ伴奏だし)。そしてなんといっても究極の名曲なので,レパートリーに含めておいて,これから来るべき周囲の「結婚ラッシュ」とやらに備えようと思う。披露宴もしくは2次会で,私からの感涙友情演奏をご希望の方はいつでもお申し付け下さい!誰も頼んでくれなくてもゲリラ演奏してやる!(結婚式ゲスト・ブラックリスト決定)