読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後輩たちの卒業演奏会がございます

ピアノ

東京大学ピアノの会2006年度入会生による卒業演奏会
日時
2010年3月6日(土)12時30分開場 13時開演 / 20時終演予定
2010年3月7日(日)12時30分開場 13時開演 / 18時終演予定
場所
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール
小田急線 参宮橋駅より徒歩7分 東京メトロ千代田線 代々木公園駅より徒歩10分)

毎年恒例の卒業演奏会,今年は私たちの2つ下の後輩たちが開催します。私たちに負けず劣らず(!?)ピアノの上手な後輩たちの晴れ舞台ですので,お時間とご興味がおありの方は,ぜひ来週末,どちらかだけでも,「オリセン」に足をお運びいただいて彼らの演奏をお楽しみください。演奏会の情報は,上に挙げたHPで全てわかるようです。ポスターからプログラムまで。やたらめったら秀逸なサイトです。こちらのサイトで,私もさっき(実は初めて)プログラムを拝見したのですけれど,気合いの入り方が尋常でないです。その上,これは内輪ネタになりますが,カップル2台も何曲かあるみたいですね。あらあら。
さて,このような宣伝をしているのには理由がございます。私自身が,拝聴することができないからです。しかし今日,2006年度入会生の代の会長Kくんから,直々にメールをいただきまして。どうもレセプションの参加申し込み締め切りが今日だったみたいなので,これはおそらく,参加申し込みのない先輩に対するローラー作戦であろう(違った?)。ああでも申し訳ないなぁ,行けないんだよなぁと思いつつ,夕食時だったので返信を後回しにしていたら,またしてもメール。今度は副会長Kちゃんでした。まさかの,ダブルローラー作戦。しかも会長・副会長直々に。なんともったいない。しかし残念ながらやっぱり行けないのでその旨返信をしたのだが,さすがの私も一応「先輩」であるという自覚を覚え(ごくごく稀なことですよ!),後輩の演奏会に,しかも4年間で一番気合いの入る演奏会に行けないせめてもの罪滅ぼしに何かできないかと考え,思いついたのがこちらでの宣伝であったということです。どれほど効力があるかはわかりませんが。これを読んでくださった方,3日以内にこのページのURLをコピーして10人に送らなければあなたは不幸に……ではなくて,もしご興味がなくても,周りにご興味おありの方がいらっしゃれば,ぜひお伝えくださると幸いに存じます。こちらの演奏会も(私たちの来月末の演奏会と同じく)春の休日にわざわざ出向く価値は十分あるかと存じます。私が保証いたします。なにとぞ,なにとぞよろしくお願いいたします。
しかしやっぱり,演奏会などなどに誰かをお誘いする時は,一斉メールなんかで流していても,よほど興味深いものでない限り人はわざわざ出向こうとはしません。最も効力があるのは,この2006年度の会長・副会長が私なぞに対して行ってくださったように,個別にきちんと声をかけることですね。それも,ただメールのひな形の人名の部分を変えただけみたいな味気ない物ではなくて,きちんと「その人に宛てた」ものを用意することですね。他の誰でもない,あなたに来て欲しいのだというメッセージを含ませて。三顧の礼と言う言葉がありますが,別に3回頭を下げなくても,「あなたは特別」感を演出されて悪い気がする人はいません。昨今の呼びかけ方はどうも情緒がないとは私も思っていたのだが,ついつい一斉メールで済ませてしまうことが多い。ちゃんと直接手渡しで渡すとか,お手紙を添えてお誘いするとか,本当に集客したければ,それなりの努力をしなければなりませんね。私も自分の演奏会にはお誘いしたい方が何人かいるので,きちんとお手紙を添えてパンフレットをお送りしようと思う。
そして2006年度入会生のみなさん,行けなくて本当にごめんなさい。盛会を心よりお祈り申し上げております。楽しんでね。