読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオグリコール酸

余暇

パーマをかけたら24時間は水に濡らしてはならない,なぜならチオグリコール酸が非活性化するから。

というのは有名なこのシーンで言われていたことだが,パーマをかけたら毎回悩んでいる。そして今回も悩んでいる。そう,パーマをかけたのです私は!
最初にパーマをかけたのは18歳の,それこそ合格発表の直後だったのだが(浮かれる気持ちを体現してみた),それ以来ほぼ2年に1回のペースでパーマをかけている。しかしこれも毎回思っているのだが,どうも美容師さんって,なんというか,「パーマかけました!」という感じの「いかにも」なパーマはあんまり好まないのですね。つまり,あんまりよくわからない。それもあって,ここで高らかに宣言したわけです。まぁショートだから,もしかすると仕方ないのかもしれないが。しかも今回は久しぶりだった(大学4年の5月以来)から忘れていたのだが,そういえば私はパーマをかける時,何よりもまず「ちゃんとパーマをかけたことがわかる髪型にしてください」とオーダーしていた。しかしこれも一長一短で,つまり「ちゃんとパーマをかけたことがわかる髪型」は,パーマが落ち始めた時が大変なのである。その点パーマかどうかよくわからないような感じだと,そのあたりの落差は特に激しくない。かけた時すぐに気づかれる満足感か,落ち始めた時のスタイリングに伴うストレスが少しでも少ない方がいいか,どっちを選ぶかということだろう。特に私の髪は,パーマがとんでもなくかかりづらいので,そのへんも加味しないといけないのである。
さて,私のお友達のみなさま。できる方なら既に,次に私を見かけた時に求められているリアクションはおわかりですね。何も知らなかったような顔をして(もちろんこの日記のことなどおくびにも出さずに),ごくごく自然に目を丸くして「あれっ,パーマかけた?」とおっしゃってください(その後に「かわいい!」が付くと泣いて喜びます)。気を良くした私は31でもおごり始めるかもしれません。