読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフ打ち上げ

余暇

それにしても昨日は疲れたので今日はゆっくりしようと思っていたのだが,起きてみるとやたら空が晴れ渡っていい天気だったので,インドア派の私にしては珍しく出かけたくなってしまった。
というわけで,まずはちょうど開催中だったいつもの日本画家さん(中井智子さん)の個展「日本画の優しい世界」へ。今回は大泉学園駅から徒歩12分,保谷駅から徒歩10分という,つまるところ練馬の入り組んだ住宅街の中にあるNroom artspaceというギャラリーでの開催であった。ただでさえ方向音痴の私はたどり着けるのかと不安であり,そして案の定練馬ラビリンスに迷いこんだが,EZナビウォークというアリアドネの糸のおかげで,当初の到着予定時刻よりかなり遅れて到着することができた。こうも方向音痴だと,迷っていることを特に不安に感じなくなります。むしろ迷っている間,散歩気分で楽しかったりする。今回も川沿いの道をずっと歩いていて,なにやら非常に楽しかった。まぁ時間に制約がないからこそできることなのだが。ギャラリーは本当に普通の一軒家で,その中に絵が飾られている様はなんだか不思議であった。2階には屏風絵も飾られており,普通の家とは言え日常の空間なんだか非日常なんだか,軽く混乱すらした。コンセプト的には直島に似ているかもしれない。最近は流行りなのでしょうか,こういうの。結構面白かったです。今後の展覧会も面白そうなので,また行ってみようかなぁ。今日お会いすることはできなかったが,最近中井さんのおかげで色々なギャラリーに足を運んでいて,なかなか感性を刺激していただいています。
それから池袋に出て,舞ちゃんと遅めのランチ(=早めのディナー)。純正コラーゲンスープ店に行ってみようとエソラに出向いたが,コラーゲンスープは普通にこれ参鶏湯なのでは?と思われる外見だったので,隣のfummy's grillに行ってみた。カリフォルニアキュイジーヌなんて,なかなか食べる機会もないですし。17時頃行ったのにまだランチメニューを食べられた上,ランチは980円の割にやたら豪華であった。2人とも「炙りサーモンとイクラの親子丼」を選んだのだが,オニオンスープとオーガニックサラダ(量がすごい)が運ばれてきて,えっ,もしかしてランチセットか何かになってない,大丈夫?とうろたえたほど。ランチにはスープとサラダが付いていたらしい。しかし本当にびっくりするほどおいしかった。エソラ,店がほとんどセレクトショップみたいな感じでなんだか取っつきづらかったので敬遠していたのだが,レストランやカフェのクオリティはとても充実しているようです。fummy's grillはリピート決定だが,他のお店もまたぜひ行ってみよう。ご飯を食べた後は,階下のcafe de Esolaでお茶をしたのだが,ここもなんだか居心地の良いカフェであった。値段もお手頃。しかも(今は寒すぎるだろうが)テラス席があって,テーブルの上にはキャンドルが置いてあり,やたらとムーディーであった。今度から,池袋でお茶する時の候補店になりそうです。