読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐怖のかたち・第2日目

勉強

ばたばたと原稿の手直しをして,日付が今日に変わったあたりでグループメンバー2人に最終稿を送り(「このメールを受け取ったらお返事ください」との一言をつける羽目になった),結局なかなか就寝することができずに若干の睡眠不足で出かけることとなった。しかし朝の新宿駅というのはこの上なく殺伐としていて,「a song for XX」の世界ですね。
さて,3月に行われた第1回目から2週間後に行われた第2回目の今日であるが,今回はMark Jenner先生をお招きして各グループが準備したプレゼンを行うというもので,いわばこのワークショップの本番。Jenner先生は大変ご親切な方で,ワークショップが始まる前のごあいさつの時には「もし聞きとれなかったり,よくわからない言葉を僕が使ったら遠慮せずに止めなさい,little dictionaryを引く前に」とおっしゃっていて,相手の言うことが聞きとれなくても曖昧に笑ってYesと言ってしまう典型的日本人な私は大変感激した。「なかなかのコワモテだ」との情報を得ていたのでもう私の中では「ペルリ」にまで想像が暴走してしまっていたのだが,お会いしてみると長髪を後ろに束ねたイージーライダーな外見で(ジャン・レノに似ていらっしゃると思う),終始にこにこしていらっしゃったのも印象的であった。プレゼンは文字通り朝から晩までだったうえ,上記の通りの睡眠不足だったにも関わらず,どのグループも面白くてまったく眠くならなかった(昼食直後だけ,ちょっと危険だったが)。私たちのグループの発表も無事にやりおおせた。先生からのコメントはとても難しいもので,いまだによくわからないけれど。
今年の春休みは勉強関係が本当に多忙で,その中でもこのワークショップは山場中の山場みたいな存在であった。それがやっと終わったというのは,ちょっと信じがたいものがある。ようやく,春休みが終わった。明日から新学期。