読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Publish or Perish 2010

学校

今日からゼミがスタート。今年も水曜日はゼミを2つ履修する予定。
まずは指導教官のゼミ。先生は今年夏学期がサバティカルなので,半年間はゼミが開講されないのだが,とりあえずは顔合わせということで全員集合した。今年は留学に出る先輩や論文を書く先輩,中には本を執筆している方までいて,毎年のスローガンである'Publish or Perish'に重みが増していた。私は博士に上がったばっかりだが,まずは投稿論文の執筆に向けて修論の練り直しやら何やら,がんばらないといけない。とりあえずアイルランドに行こう。
次いでドイツ史のゼミ。これも今回はガイダンスだったが,前年度と同じく指導教官のゼミと同じ部屋で開講されるとばかり思い込んで部屋を間違えていた私は,あろうことか「まずは,初回から遅刻してしまってすみません」から自己紹介を始めることとなった。ひと通りの説明が済んだ後,時間が余ったので,その時代時代のパラダイムというテーマにおいて「アカデミック雑談」。いつもながらこのゼミは耳学問で得られる情報量がとても多いので,勉強になることこの上ない。今回もこっそりメモした言葉がちらほら。
授業の後は,先生イギリスへ行ってらっしゃいませ&先輩ご留学おめでとうございます&M1のみなさんはじめまして&他のみなさま今年もがんばりましょう,との4つの意味を込めてもり川でコンパを開催。2000円の食べ物のコースを予約して,お酒は適宜注文するという形にしたのだが,食べ物のコースがものすごく充実していて驚いた。1人分ずつ出てくるというスタイルも,「いちいちとりわけなくていいから」と好評だった。もり川はずっと前にお昼を食べに来たことしかなかったのだが,飲み会もできることがそもそも驚きだった上に,居酒屋でない割に飲み会の対応もしっかりしていて,いろいろと印象が変わった。「だん」が閉店し,さらには「あかかぶ」も閉店してからというもの,居酒屋難民であった私たちだが,なんとかなりそうです。よかったよかった。