読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラーゲンスープとパンケーキ

余暇

延び延びになっている計画を最終決定すべく,夕方から友達と話しあいに出かけた。女の子が討議する時というのは,たいてい何か食べ物を前にして行われるものである。以前駒場で参加した,女性研究者ネットワーク作りのための講演会でも,お茶に加えてイタトマのフィナンシェとクッキー(だったか)が参加者全員に配られていたのだから,もうどこの世界でもそうだと考えてよいのだろう。今回のお店は以下の通り。

純正コラーゲンスープ店 Esola池袋

食べログ純正コラーゲンスープ店 Esola池袋

このお店,女子界ではそれなりに「気になる」対象であるようです(私はあまり知らなかった)。私は「コラーゲンスープ膳」と「コラーゲンスープ鶏飯」との間で悩んだが,とりあえず初回なのでオーソドックスに「コラーゲンスープ膳」を選んでみた。件のコラーゲンスープというもの,見た目は参鶏湯だが,味はなんというか,もうちょっと淡白な感じ。最近,暴飲暴食とまではいかないにしろ,明らかに多飲多食だった私の胃にはうれしいヘルシーさであった。鶏ガラスープと手羽先(+場合によってはコラーゲンボール)で再現できそうなので,今度作ってみよう。ネギ油かゴマ油で風味が増すかな。
以前,hvくん(医学部)が「ヒアルロン酸は肌表面への塗布によっては絶対に吸収されない」と話すのを聞いてしまって以来,市井にありふれた美容法に対するサイエンスサイドの見解はもう耳に入れないようにしているのだが,ご丁寧にもこういう話題はテレビでもよく取り上げてくれるので,嫌でも耳に入ってきてしまう。どうやら,コラーゲンの経口摂取に関しても,限りなく疑わしいとのことですね。それは重々承知の上で,今回も「明日の朝お肌ぷるぷるになりそうだねー」と話してしまった。なにが本当に効くかではない。なにを信じるかである。そのあと,コラーゲンスープのお店が混んできたし,当然ながらきちんとした食事をしながらでは計画など立てられようはずもないので,食後のお茶にこちらへ。もちろん,じゃあ甘いものをということになるのだが,いかんせんコラーゲンスープの直後だったのでお腹がすいているはずもなかった。お店の人にわがままを言って,スイーツセットのお茶だけを先に持ってきてもらい,決まったら甘いものを頼むということにした。この決め方,なかなか有効かもしれません。いつも優柔不断な私たちである上,空腹ではないはずなのだが(むしろ満腹なはずなのだが),やはり甘いものが後に控えているという誘惑には抗いがたかったようである。特に私なんて,ちょっと前まで1日に2回は必ず甘いもの食べてましたし。もはや,食事の後甘いものを食べないと,食事が終わった気がしませんし(大変危険な兆候)。結果,驚くほどぱっぱと即決した。
デザートに選んだのは,友達は「アサイ・ボウル」,私はハワイアンパンケーキのカスタードクリーム。「アサイ」,名前は聞いたことがあったのだがあまりよく知らなかった。どうもヤシ科の植物で,ポリフェノールやら鉄分やらをかなり豊富に含んでいるらしい。この果物を使った「アサイ・ボウル」とは,シリアルの上にこのアサイのピューレをかけ,その上にバナナやらのフルーツを乗せたものだった。「ヘルシーデザート」なのだとか。私も一口いただいたのだが,アサイは酸っぱいのかと思ったら意外にもバナナを思わせるマイルドな味で,これでヘルシーなのだったらうれしいだろうと思われた。ハワイアンパンケーキのカスタードクリームは,もう,ご想像通りの味でした。脳が溶けそうなほど甘くて,天にものぼる幸福感でした。願わくはカスタードクリームの中で溺れ死なむ。もう季節はいつでもいいや。すみません西行先生。