読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K-kinda busy

音楽

計画というか時間の使い方を誤っていたようで,明日ゼミで私の修論報告を行うというのに今頃レジュメを作っている。しかしまぁなんとしたことでしょう,なんかまとまりが悪い。というよりも事項の羅列に思える。自分が書いた論文を本当に客観的に眺めることができるのは,レジュメを作るとか,そういう人前で発表するための準備作業を通じてであることが多い。
16時くらいに帰宅してからほぼ8時間ほどぶっ通しで作り続けており,作業の終盤は頭と目が使いものにならなくなりかけた。大学院生が頭を使えなかったら,社会的にはもはや生ける屍である。トワイライトの中へ入りかけた自分を覚醒させるべく,遅ればせながら初めてこれを鑑賞。

おかげさまで,ばっちり目が覚めて作業を完遂することができました。曲自体はずっと前から聴いていて大のお気に入りなのだが,最近聴きすぎて少々飽きが来ていた。しかしまたtelephone熱が再燃しそうです。PVの中で,またしても毒を盛っていらっしゃる。あと「ワンピース!」ってなによ。どうでもいい情報を付け加えると,実はガガさんと私,同学年です。ついでに同じく寅年です*1。何を隠そう「寅年って感じ」と,なんと反応してよいかわからないことを言われることがたまにある私だが,私めなどこの方の足元にも及ばぬ。
今日学校では,授業で質問に答えることができた。わーい。しかしその質問たるや「hybrisって何?」という,答える(日本語に置き換える)のが非常に難儀なものであった。学部の時には指導教官のゼミで「serendipityって何?」という,これまた難儀な質問に苦心して「めぐりあわせ,みたいな」と女子高生のような答え方をし,「うーん,まぁ,めぐりあわせというか,正確にはそういうものを引き寄せる能力だよ」と補足された記憶がある。会話の中や書き言葉の中で不必要に横文字を使いたがるのはこの上ないバカの所業だが,かといって対置概念をうまく日本語で言い表せないものというのは,いつの日も文系学生の悩みの種である。私などアングロアイリッシュだのアイデンティティだの,もはや訳出不可能に近い言葉を論文中で濫用しているので,さぞやアホな論文の様相を呈していることだろう。

*1:ガガさんは3/28生まれ。あっ,友人と同じ生年月日。