読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二日酔い患者の告白

健康

とんでもない二日酔いに襲われ,実に夕方前頃まで寝込むという愚を犯してしまった。ものを吐くなんてことを出来る限りしたくないので,とにかく水分をとってアルコールを体外に出そうと試みたため,お茶を作ったりするのが間に合わなかった。青い顔で台所に立ち,やれお茶だやれコーヒーだとせっせと作り,それらを飲んで少し休んだらまた作って飲む,の繰り返しに。
しかしあまり頻繁に友達と飲んだりせず,お酒が飲みたい時は自分で缶ビール1本買って飲んだりとかしかしないので,今までの人生で今回を含めて2度二日酔いをしたが,そのどちらもが先生を交えた公的な打ち上げの後である。前回はワインを注がれるままに静かに飲み続けたため,今回は話が盛り上がってついつい「飲み物」感覚でお酒を嗜んでしまったためであるが,どうせ二日酔いになるんだったら,もう少し友達同士で羽目を外した時とかになりたいものである。