読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cause you're amazing just the way you are

音楽

来月始めの学会報告の準備が遅々として進まず,気ばかり焦っている。来週のゼミで予行演習をさせていただけることになったので,さっさとレジュメと原稿を仕上げて推敲に入りたいのだが,30分という時間が長いような短いような。5分弱で3年分の計画をしゃべったこともあるので,削ろうと思えばいくらでも削れることは百も承知なのだが,逆に今度は残すべきところがわからなくなっている。たぶん頭が混乱している証拠なので,とりあえずは論文の骨子を「○○は(△△ではなく/なだけではなく)××だ」の形で一文でまとめてみましょう。レジュメも原稿も,話はそれからだ。とにかくリスナーフレンドリーに,しかし一定のレベルは保って,となると結構難しい。ヒトラーが群衆の前で話をする時の心得は「どいつもこいつもバカばっかりなのだから,とにかく短いメッセージを繰り返し伝えろ,じゃなければわからん」だったそうで,まず聞き手の前提が当てはまらないのは確かだが,「短いメッセージを繰り返し伝える」というのはまあ参考になる。

病的にスピッツにのめりこむ少し前まで,よく聴いていた曲。人がある歌を好きになる時には複合的な要因(メロディが気に入る,歌詞に共感できる,歌詞の世界観に憧れるetc.)があると思うが,これについては完璧に,そのままの君で素敵だ(You're amazing just the way you are)だなんて,ああ言われてみたいこんなこと,である。そういえば『シロクマ』も,最初はメロディに惹かれたのだが,そのあと「今すぐ抜けだして君と笑いたい」の歌詞にやられたのだった。音楽の嗜好に現実逃避の傾向が見られる。今気づいたが,そんな私は25歳まであと3ヶ月である。さて,20代前半のうちに何を成せるのでしょうか。そうした意味でも,今度の学会報告は成功させなければならないのである。