読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランド語教室で学んだこと

つれづれ

なんとみなさん,日本で供されるギネスは輸出仕様のもので,シンガポールかどこだかの工場で作られたものなんだそうです。
あっそう,当たり前じゃん,とお思いになる方はどのくらいいらっしゃるのか。私は今まで,オコンネル通りのギネス蒸留所から日本へ送られているのだと思い込んで疑いもせずにいた。パブでギネスを飲むたび,お前はるばるアイルランドから来たんだね,私まだアイルランド行ったことないんだよね,でもアイルランド語やってるんだよ,Dia duit,と心の中でギネスに話しかけていたものである。話しかけていたくだりを信じるか信じないかはあなた次第だが,少なくとも日本で飲むギネスはアイルランドから来ているのだと思っていたことは本当である。だからあなたが飲んでいるそれ,もちろん製造方法はアイルランドのギネスと変わらんだろうけど,距離的にはチンタオビールとかシンハービールとかと変わりないかもよ。そう思うとなんか急にパブでギネスをオーダーするのがばかばかしく思えてきた。いや,そもそも私はビールにさわやかなのどごしを求める典型的な日本人であるので,ギネスはものすごく好きというわけでもなく,パブなんかでは申し訳程度に半パイント飲んでいるくらいなのだが。
さて,なんでこんなことを知ることになったかというと,今日アイルランド語教室で,「アイルランドで飲んだギネスはとてもおいしかったのだが日本ではそうでもなく感じる」という話が出たため。もちろんギネスが「日本ではそうでもない」理由には他にもいくつかあって,気候だったり,はたまた私みたいに,単に嗜好の問題だったりもするのだが,やはり日本のギネスとアイルランドのギネスはまったく同じというわけではないから,ということなのであった。その理由が上記である。その話が出た時,びっくりしたのは私の他にもう1人いたので,その場にいた8人中2人がびっくり→4人に1人がびっくりしてもおかしくない計算になる。実に25%である。しかもアイルランド語教室なんて,アイルランドへの興味関心が一般的なレベルよりも非常に高い人が集まっている場でこれなのだから,世の中にはもっといっぱい知らない人がいるかもしれない。しかし言われてみると確かに,ダブリンのパブでひとりで飲んだギネスはやたらおいしかった。歩きまわった後だったから余計に。
そういうわけなので,本場のギネスはやっぱり格別らしいよ,ということをここに示唆しておきます。だからどうしてほしい,とまではもう言わない。

アイルランド語の先生おすすめのアイリッシュパブ。雰囲気がいいらしい。今度行ってみよう。