読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてしないあの雲の彼方へ私についてきて

余暇

今日から始まった六本木ヒルズのスカイプラネタリウム。これ,行かないとウソですよね。もう何のために東京で暮らしているんだという感じですよ。しかもあの,プラネタリウムの天才・大平貴之氏プロデュース。ホームスターを発売後すぐに買った人間としては,ますます見逃すことができません*1しかしこの期間設定でピンと来た方は鋭い。六本木ヒルズのイベント,カップルだらけだったらどうしようと,いつも縮こまるようにして1人で行っているのだが,今回ばかりはどのように楽観的に考えても,60〜70%(あるいはそれ以上)カップル,30〜40%(多く見積もって)家族連れである。やはりコンセプト自体がそうであった。えー,でもさー,別に「カップルをしっかり応援」なんてしなくても。「デートにオススメ」って,応援されなければデートもろくにできないようなカップルなんて,今すぐ別れてしまえ!でもだからといって,ディズニーやUSJの「シングルライダー優先搭乗」みたいな,おひとり様応援をやられてもこちらが困る。やっぱり果敢に突っ込んでいくくらいでちょうどいいわ。いつ行こうかな!ついでにこれ,毎日お風呂をたしなむ人間としてはめちゃくちゃ欲しいのだけど,ひとり暮らしでプラネタリウム2個持ちというのもさすがに狂気の沙汰である。

*1:友達が泊まりに来た時,気が向いたら「流れ星モード」で上映している。見たい方はうちへいらっしゃい。