読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブ・アクチュアリー

余暇

ともちゃんが上京なさったので,たまにはスペシャルゲストみぽりんも呼んで華やかな場でご飯を食べようと企画。以前にも行ったことのあるきりたんぽ&比内地鶏屋さんの汐留支店に行った。待ち合わせまで学校にいるのだから銀座のお店の方が圧倒的に近いのにわざわざ汐留を選んだのは,これが見たかったからである。

葉加瀬太郎プロデュースのイルミネーション。「そんなことだろうと思った」と2人には言われてしまった。私は白と青のLEDイルミネーションに寂寥感を覚えてしまうのだが,でもやっぱり汐留みたいな人工的な街にはこういうイルミネーションが似合いますよね。あと新宿とか六本木も。
しかしきりたんぽを囲んで,あるいはイルミネーションを見ながら,私たちが話していたことというのは,およそクリスマスムードとはかけ離れたことであった。「最近恋愛に対するモチベーションが落ち気味というか」「あ,それ超わかるー」「たとえばさー,いいなと思う人からメールが来た時,前だったら尻尾を振ってすぐ返してたけど,最近は『あ,メール来た,でも眠いから返事は後でいいや』と思ってずっと放置していることがよくあるんだよね」「だよねーあたしもー」。人妻はさておき,私とみぽりんはこれでいいのか?ああ,私たちに幸あれ。そして誰かからまた「お前調子乗ってんじゃねえぞ」と言われないか心配ではある。