読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lookin sexy, lookin fine

ピアノ

最近,寝る前にふとMTVをつけるとビヨンセのライブをやっていて,しかもそのとき歌っているのが「Bootylicious」だったり「Independent women」だったり,要は我々洋楽ガールズがローティーンだった時の懐かしいナンバーだったりで,一気に眠気が覚めてしまうことがよくあります。夜中の2時や3時にビヨンセのライブ,どうかやめていただけないかと思う。もうちょっとほら,あるじゃない,シークレットガーデンとかそういう,鎮静作用ありそうなやつ。
さて今日はピアノのレッスンだったのだが,いつも私のへたくそなピアノを温厚に見守ってくださる先生が今日はアグレッシブな毒舌であった(たまにある)。どうもバラード1番の中間部がうまくなく,どう弾けばいいんでしょうか?と聞いたら一言。

うん,まぁ単純に言うと,魅力的じゃないのよね。

もうここまでばっさり言われると,ショックどころか被虐的な愉悦まで覚えてしまいました。ばっバラード1番で「魅力的じゃない」ってもう致命傷じゃないですか……。4年生の時の卒演で,3つ下(だっけ?)の後輩に口角泡を飛ばして「(演奏に色気が)ないよね,ないよね!」と熱弁されたトラウマがよみがえった。彼があまりにも力を込めて言うので,演奏についての話だったにもかかわらず,女としての色気も全否定された気がしたのである。いや,そうだったのかもしれないけれど。
あの時の私は22歳で,色気なんかこれからつけていくもん,と開き直ることもできた。しかし今や25歳である。もう色気も魅力も,自らの責任において獲得していかなければいけません。がんばります。色気あふれる……はちょっと違うような気がするが,少なくとも魅力あふれる女性になることを25歳の目標にいたします。具体的な方策については,私の周りのお姉さま方に伺います。少なくともバラードの中間部を魅力的に弾く方法は,先生に伝授していただいた。左手だけ弾きながら右手のメロディーを歌ってみろとのこと。なるほどー。
ちなみに咽頭炎の咳がまだ残っていて,家ではバラードを弾きながらよく咳きこんでいます。これぞショパン

ヴァーチャル学年会シリーズ第2弾(海外組からご好評いただいたので)。ヒルズ前にて。
この写真のタイトルは

  • The boy is mine
  • Charlie's Angels

このどちらか,お好きな方を選んでください。ヴァーチャルじゃなくても,実際にやろうね学年会。