読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都合のいい私

余暇

「最近市ヶ谷には来てないの?」と,戸籍上は男性である友人からメールが届いた。市ヶ谷というのは,所属学会の歴史研究会が法政大で開かれていたためである。
「研究会の世話人だった法政の先生がフランスに行っちゃったから,会場が東洋大になっちゃったんだよね。でも寂しいって言うなら,用がなくても行くわよ(ハート)」
有楽町線だし,たまに来てよ(ハート2つ)」
「きゃー 行く行くー」

……ここまでやりとりして思いいたったが,なんだかすっごく,都合のいい女って感じである。しかもその後こう言われた。
「あんま長居はできないので,ちょっと会って軽くごはん食べるぐらいしかできないけどね(汗)それでも良ければぜひ(ひよこの絵文字)」これに対して「あー,なんかそんなことあっさり言われてるあたり,ますます都合いいオンナって感じ,あたし(笑)」と返すと,「ちょっとの時間でも○○に会いたいってことよ(ハート)」と返ってきた。こんなことを言われて丸め込まれているあたりが,さらに都合のいいオンナって感じ,あたし。相手がゲイで良かったわよ,まったく。

失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックスアルファ)

失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックスアルファ)

これで,出ている分はすべて読み切ってしまった。続きが,続きが気になる!爽太くんや薫子さんに思いっきり感情移入してしまうあたり,非常に恋の敗者な感じで情けないのだが,この巻では爽太くんの「敷居を上げよう」努力が少し実り始めた兆しが見え,やや爽快です。そして薫子さんも,本来ならば殺したいほど憎らしいに違いないサエコに「男ゲット術」の秘訣を聞いていたりして,すばらしいです。男好きのする女が身の周りにいる時,顔を歪めて悪口を言うのはまぁ20歳くらいで卒業しませんとね。せっかくならそのテクニックを盗まなければ。そしてサエコが薫子さんに教えたテクニック(サエコの母直伝)のひとつが,以下のとおり。

女は男の人に古臭い手を使われると冷めるけど 男の人は女に古臭い手を使われるのが一番効くんだよ

しかしこれをさっさと教えるあたり,サエコ,そんなに悪い女じゃないかもという気がしてきた。そういえば2巻でも,友達からかかってきた電話で合コン必勝法をさっさと伝授していたし。自分がモテることを否定しないモテる女というのは,そんなに嫌な奴じゃありません。あ,女から見て,だけど。
さて,明日は祖父の四十九日の法要です。多くないとはいえ親族が集まるので,「今何をしているの」「就職は」「結婚は」の三大厄介な質問を交わすシミュレーションをしておかなければ(3つめは出ないかも)。学会の前だろうと何だろうと,質疑応答のパターンを考えておくことは精神衛生上大変重要です。実際には使わない場合が多いけど,あくまで精神的に。婉然たる微笑みを浮かべて無難な答えを述べましょう。