読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の朝ママから電話でしかってもらうわ My Darling!

余暇

昨日来ていたメール,もうひとつは「頼んでおいた学術雑誌の校正終わった?」というものであった。そこではじめて,一昨日終わったものを出すつもりで学校に持って行っていたのに,怒涛の工場制手工業インスペクションですべてを忘れ,そのままの形で持って帰って来ていたことを思い出したのであった。ごめんなさい月曜に必ず持ってまいります!ええ必ず!とお返事を返した*1のだが,この忘れパターン,私にとってはものすごくよくあるもので,いい加減直したいと思いながらもう齢25を迎えているあたり,無理かもしれない。今日のはまだ原稿ひとつだからよかったものの,今日は図書館にこれ返すんだ,と思って本を5冊くらい抱えて行きながらそのままの形で持って帰ったりするのだ。すぐ重荷に慣れてしまうのである。打たれ強い性格であるもので。
まぁそんなことはいいとして,せっかく土日もあるのだしと,念のためもう一度読み直してみた。書評記事の校正であり,またその本は私も持っているため,引用箇所が間違っていないかどうかなど現物にあたりながらチェックするのであるが,チェックする言葉がいちいち「一斉蜂起」「プロテスタントの虐殺」……ああ,この血生臭さ,きな臭さ。アイルランド史はこうでなくちゃ。卒論テーマを,ひいてはライフワークを考えるにあたっての私の選択はまちがってなかった!と思った,休日の夕暮れであった。

もうおうちへかえりましょう (小学館文庫)
1980年代を通じて,人々の間に「お互いに高めあう恋愛」という考えが広まった。「お互いに高めあう恋愛」の国から「お互いに高めあう恋愛」を広めにやってきた宣教師団の団長が松任谷由実である。
<中略>
ユーミンはそんなことを云うが,心身ともにひとりの相手を愛し続けてお互いに高めあうなんて,人間には不可能なのではないか。
「お互いに高めあう恋愛」の国など,本当はどこにも存在しないのでは?
真っ黒な心の私はGoogleにキーワードを入れて検索をかけてみた。
松任谷由実 正隆 浮気」
四十七件!
だが,その中身をみてゆくと,「作詞作曲:松任谷由実,編曲:松任谷正隆」,そして「浮気」は歌詞だった。
「こいつは生かしちゃおけないほど浮気なあのコがあなたにモーションかけてたからBADになったの」
うおっ,仲良しか。身も心も仲良しなのか。
疑って悪かった。
(67〜70頁)

でも,『文藝春秋』三月特別号の記事「時代を創った女1 松任谷由実」にはこのような記述もあるのです。

文藝春秋 2011年 03月号 [雑誌]
……当時の松任谷正隆は慶應大学文学部の四年生。<中略>杉並区上高井戸にあるテニスコート付きの三百坪の家に育った生粋のお坊ちゃまだ。
<中略>
180センチに近いハンサムな慶應ボーイのミュージシャンを女性が放っておくはずもなく,同時進行で2人,3人とつきあう正隆に友人たちがつけたあだ名は"マンタ"。艶福家という意味だ。(202-3頁)

じゃあやっぱり,何かしらあったんじゃないの,と思うのは私の心も真っ黒なのでしょうか。違うと言われてももうそのように思えてならないので,例えば「ルージュの伝言」とか「DESTINY」を聴いて不埒な想像をしてしまいます。緑のクーペ(しかも埃だらけ)なんて,そんな実用性に乏しいデザインだけの車を選ぶ男は間違いなく浮ついている!と私は小学生の時分から思っていたのだが,幼稚舎から大学まで慶應か,しかも車がお好きなのか。ついでに180センチ近いのか。間違いないな。しかしそこは,失恋して彼氏の部屋を去る時,「もうすぐかわいいあの女(ひと)と引越しするとき気づく」ことを期してわざと真珠のピアスをベッドの下に片方捨てる(!)などという恐ろしい歌詞をさらりと書けることから考えても,ユーミンがおそらく上手である。しかも「もうすぐ〜」のくだり,大変美しいメロディなんですよね。あなたの影わたしだけのものよ。うわぁ濃厚。
件の文藝春秋の記事では「守ってあげたい」がユーミンのヒット曲として大きく取り上げられているのだが(おかげで私もずっと聴いているのだが),そういえば「守ってあげたい あなたを苦しめるすべてのことから 'Cause I love you」という歌詞も,散々遊び歩いてきた男が最後に落ち着いた女の大きさを感じさせる。「ルージュの伝言」や「DESTINY」でなくても,ユーミンの歌詞に出てくる男,どれもものすごく格好良さそうですもん。そういえば,女が堂々と理想の男性の条件に「三高」を求められた時代ですものね。
そういうわけで,最新号の文藝春秋をお買い上げのみなさま,またはこれからお読みになるみなさま,芥川賞受賞作2編だけではなく,ぜひ「時代を創った女1 松任谷由実」もお楽しみください。大型企画「秘めたる恋35」の,マレーネ・ディートリッヒの項も面白いです。

*1:土日は文学部は閉まっているため。ちなみにこの「研究室が閉まる」「開いている日も10時〜17時」というの,理系の人たちに教えるとびっくりされる。