読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sigmund Freud, analyze this

音楽


忙しくなってくると,夢かうつつかわからないような,妙にリアルな夢をよく見る。最近ではなぜだか,雑誌の特集か何かで誰かしらと対談している夢を見た(私は誰?)。私はえらく辛口で,

Loud
……そうすると,やはり'Only girl(In the world)',およびそれを含むアルバムLoudで彼女(リアーナ)は一皮むけたと言ってよいでしょうね。実際,あれはすごい。格好いいし,JAY-Zの見出した逸材ということで話題はさらったけれどもどことなく既視感も抜けきらなかったA girl like meや,読んで字のごとく優等生が無理して粋がっている風にも見えたGood girl gone badとは,歌手としての凄みが違うといった感じです。
やはりこういってはなんですが,クリス・ブラウンから受けたDV事件,ああしたものが彼女を人間として成長させたのでしょうか?もちろんDVを肯定するわけでは全くないのですが,やはり彼女を見ていると,天真爛漫な天才少女が恋をしていろいろなことを知り,一回り成長したといった感があります。そういえば最近,グラミー賞エミネムも,リアーナとコラボした'Love the way you lie'をやってましたね。

などと偉そうに語りつつ(相手は不明),そんなこと言ったってあんた,リアーナの曲の中で一番好きなのは'Pon de Replay'であり'SOS'であり'Please don't stop the music'であり'Shut up and drive'じゃないのよ,'Unfaithful'だって好きでしょうが,なにA girl like meだのGood girl gone badを訳知り顔で批判しているのよ,と心の中で思っているという内容である。このように「何かをしながら心の中で別なことを考えている」という,いわば二重構造のような,『インセプション』みたいな夢を私はたまに見るのだが,これは何なんだろうか。何か本音を抑圧でもしているんだろうか。無意識の部分が出ているんだろうか。フロイト先生ユング先生。
そしてこれ,やっぱり夢にしてはあまりにリアルなのだけど,まさか現実で話したことを私が忘れているだけ,だなんてことはありませんよね?リアーナについて語れるのはおそらく私の周りでは3人くらいしかいないと思われ,そしてそのうちの誰とも最近会っていないか,少なくとも洋楽については話していないかと思うのだが。あ,でも,その3人のうちの1人,ハンスとは電話で話して,リアーナの話も出たけれど,むしろその時「リアーナLoudいいよ」「ふーん,今'Only girl'がテレビでかかってるよ」「そうそれ!」と紹介されたほどであり,'Only girl'をダウンロードしたのも,私の記憶が正しければそのあとである。やはりこれは夢,ですよね?そうですよね?もう夢なのか現実なのかさえわからなくなっている。ますます『インセプション』ですね。高層のホテルから飛び降りたりしないように誰か見張っていてください。

そういえば妹はこの頃だったか,「いいなぁ私もJAY-Zに見出されたい」と言っていた。Ma ma say, ma ma sa, Ma ma coo sa♪