読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当世風女付き合い

余暇

最新刊『MORE』より。

MORE (モア) 2011年 05月号 [雑誌]

女の友情 すべし/べからず オキテ10

  1. つかず離れずのほどよい距離を保つべし
  2. 全力で女友達をエスコートすべし
  3. 誕生日にはお祝いメールを送信すべし。基本中の基本!
  4. お金に関しては折半。貸し借りはするべからず
  5. 男を優先するべからず。女友達といる時に男とメールするな
  6. 同じ話を何度もさせるべからず。一度聞いたら心に刻め
  7. 欠席裁判を決してするべからず
  8. 人の話を自分の話にすり替えるべからず
  9. ピンチの際はすぐにかけつける心意気を持つべし
  10. 和を尊ぶべし。グループ内に不穏な空気を感じたらすかさずフォロー

面倒臭い……「つかず離れずのほどよい距離」「お金に関しては折半」とかはまぁわかるにしても。ちなみにこれらの「オキテ」には読者のコメントがついているのだが,それがさらに面倒臭かった。

全力で女友達をエスコートすべし
「私と会っている時は女友達に楽しんでもらいたい。"自分の彼女"というくらいの気持ちで全力でエスコートする」(28歳・運送)

和を尊ぶべし
「女子会は楽しむもの。自分の自慢話をするくらいなら謙遜したほうがいい。場の空気を読まずに自分の話ばかりはNG」(25歳・営業)

でも,女友達はあくまで「友達」であって「彼女」じゃないし。「自慢話をするくらいなら謙遜したほうが」とかいうのも,私,個人的には謙遜する女ってあまり好きでないのよね。十中八九,とまではいかないまでも十中七八くらいの割合で,「そんなことないよ〜」と言ってもらえるのを期待しているだけなので。自慢話をするくらいなら謙遜したほうが,本当にそうですかね。あくまでも個人的な見解だが,謙遜されるくらいならあっけらかんと自慢された方が,まだ好感が持てる気がする。さらに誤解を恐れず言えば,いい歳をして悪口のひとつも言えない,とにかく謙遜していれば自分の印象はいいと思っている,私だったらそんな女は決して信用できません。紫式部だって悪口言いたい放題だったし,清少納言にいたっては自慢し放題だし,ユーミンなんか自分のことを「天才」と公言してはばからなかったらしいぞ。「男を優先すべからず」にしたところで,広瀬香美が92年の時点で既に「幸せになれるものならば友情より愛情」と明言しているじゃないですか。要は上記のようなくだらない「オキテ」など破り尽くしたって,素晴らしい女性は変わらず素晴らしいし,人が集まってくるはず。20代30代の女性が目指すべきは,こんな上辺だけのお手々つないだ仲良しごっこみたいな付き合いしかできないような女性より,自分というものをしっかり持っている,自立した女性じゃないんですかね。紫式部とか清少納言とかユーミンとか広瀬香美みたいな。私はそう思っていたんだけど。
しかしそれにしてもこの特集……私が中高生だった頃に『ピチレモン』(懐かしっ)やら『セブンティーン』で似たようなものを見た気がします。『MORE』って,確か25歳前後の女性をターゲットにしていた気がするのだけど。それとも最近は25歳前後でも中高生並みの人付き合いが行われている,ということなんでしょうか。連れ立ってトイレに行くのとか,女同士の妙なスキンシップとか,昔から苦手だったのだが,ここへきて嫌悪感すら抱くようになってしまった。当世風の女付き合いは私には無理そうです。同時に,こんな面倒臭いことをすることなく変わらぬ友情を保持してくれている今の友人たちには感謝してもしきれません。ふつつか者ではございますが,これからもどうぞよろしく。