読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご存知とは思いますが

学校

授業料免除申請の書類を取り寄せたら,以下のような注意書きが同封されていた。

ご存知とは思いますが,郵送での受付は行っておりませんので,必ず,直接,窓口に提出してください。

書き出しから「ご存知とは思いますが」……ああびっくりした。ご存知だったけどさ。でも私たち自身そうだと思いますが,人に「わかってるとは思うけど」とか言う時って,絶対相手が「わかってるとは思って」ないですよね。奨学チームの人たちはとても優しい方々なのだが。でも,わざわざ注意書きありがとうございました。必ず,直接,窓口に提出します(この読点の打ち方も,畳みかけている感じで絶妙)。
ところで,今日は年度の変わり目ですね。25にもなって「学年の」変わり目と言いたくなってしまうのは,万年学生の悲しい性です。まぁ私たちにとっては正真正銘「学年の」変わり目なのだが。院に上がったあたりから毎年驚いているけれども,もうD2になってしまった。万年学生だなんて呑気なことを言っているけれども,いよいよ「学歴」も最終段階に近づいてきました。
12月に出た研究会で,いつも大変お世話になっている先生にお会いしたのだが,そろそろ論文を書くつもりなので,原稿ができたら読んでいただけますかとお願いしたら,「勉強させていただきます」と言われた。これ,研究者の間ではよく交わされる言葉のひとつで,先生も何気なくおっしゃったのだと思うが,私にはとても重く響いたのでした。年度が変わったからと言って何も環境が変わるわけではないけれど,がんばらないとね。