読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチング

学校

この1冊ですべてわかる コーチングの基本

この1冊ですべてわかる コーチングの基本

コーチングの本は科研費で買えないかしら。研究に直接関係ないからダメかしら。TA業務に有用であるという,もっともすぎる理由なのだけど。
去年もTAをやった時,本屋でコーチングの本を片っ端から立ち読みしたのである。今思えば,さっさと買っておけばよかった。さらに言えば,家庭教師をやっていた6年間のうちに買っておくのだった。生徒だろうと研究室の学部生だろうと,人を教えるというのはそれなりに大変なことで,しかも責任重大なことです。当たり前だけど。言い方ひとつで全然違う。自分のことを考えても,先輩はおそらく何気なくおっしゃったのであろう一言を気に病んで悶々としてしまったり,などということは特に珍しくもない。私は割と神経が図太い方だと思うが,それでもこれなのだから,繊細な人だったらもっとだろう。何気ない一言が人の「一生」までも左右することはそこまでないにせよ,少なくとも1日や3日は棒に振らせてしまう可能性は大いにある。立場が上になればなるほど。
TAを差し引いても,年数を経るに従って,これからはどうしたって指導「される」よりも指導「する」機会が多くなっていくわけだし,一度ちゃんと勉強しておいて損はないかと思う。というわけで,とりあえず図書館で借りてみることにした。上に挙げたのは図書館に予約した本。私が立ち読みしてきたコーチングハウツー本の中でベストだと思われるもの。せっかくいただいた機会だし,きちんとノウハウを身につけて,国士無双TAを目指します。いいのかそんな目標で。