読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IELTS勉強中

勉強

来年から私が入りたい大学のPh.Dコースはそこまでのハイスコアを要求していないのだが,問題はどちらかというと日本の奨学金応募かもしれないということに最近思いいたった。IELTSで7.0や7.5を要求するような大学に入学許可を得た人たちと同じ土俵で戦うのだったら,せめて同レベルの語学力があるということは証明しないとボーダーにすら立てない。こういう事情と,せっかく高い授業料を払っているのだから目いっぱい元を取りたいという貧乏性的思考により,目標を当初のものより少し高めに設定することにしました。
今日は先週のレッスンで渡された宿題を2つやってみた。ライティングの問題を1つとリーディングの問題を1つ,それぞれ時間をはかって辞書は使わずにやることという条件付き。リーディングはまぁTOEFLとかとそんなには変わらない。ライティングはTask 1の表やグラフを読み取ってそれを150語くらいで説明するという問題。例えばこんなの。

私の解いた問題ではないが,だいたいこんな感じのが出る。客観的かつ具体的に物事を説明する力が問われるものです。英語でグラフを説明,理系の人はしょっちゅうやるだろうが,少なくとも私はあまりやったことがない(やったとしても受験英語くらいだと思う)。先日のブリティッシュ・カウンシルの説明会では,このタスクのテクニックとしてまず「文章を読んだだけで読み手がグラフを想像できるように」回答しろと言われた。私が今日説いたのは「オーストラリアの5つの地域での石炭産出量について」説明するという問題。ニューサウスウェールズの産出量はうんぬんかんぬん,○○年から××年にかけて3倍になっており……などと説明するのである。これがとにかく,
楽しい!!
そういえば短時間でライティングやリーディングの問題を解くのって,受験以来な気がする。うちの院試は短いセンテンスをひたすら日本語に訳せという問題だったので。いやー,楽しい。楽しいです。こういう感じの語学の勉強,ほんとにひさしぶり。やっていると忘我の境地に至ります。
というわけで,留学準備の第一歩はなかなか楽しく進められております。人生は楽しみませんとね。