読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でも戸惑うばかりで過ぎていくね時間だけ

つれづれ

一日千秋の思いで待ち続け,切なさのあまり昨今のJ-POPに共感するようになってしまった頃,やっとメールのお返事が来た……と思ったら,私が最後にメールを送ったのが5/28の未明。3日くらいしか待ってなかった。いや,一日千秋だから3×1000=3000年。体感では紀元前から待っている計算になります。好きな人からメールが返って来ないと悩んでいるそこの貴女,試しに私と同じように「一日千秋」で計算してみましょう。馬鹿馬鹿しくなること請け合いです。
ちなみにこれは好きな人からではなく留学を希望している大学の先生からのお返事で,決定ではないにせよ留学の開始時期の目途を教えてくださったものであった。受け入れ条件として先方がご提示くださっているものの中にはいささか手放しで喜べないものもいくつかあるのだけれども,とりあえず時期の目安がわかっただけでもひと安心である。正式決定ではないようなので,大声でアナウンスできるようになるまでおとなしくもう少し待っておこう。
決まったらお知らせしますので,出発前には盛大なる壮行会を開催していただけるにやぶさかではありません。別に期待してないもん。で,どなたかやってください,例のあれを。「なにが留学よ,どうせまた逃げて帰ってくるんじゃないのー?」「とっとと行っちゃえ!行くなら一生帰ってくんな!今度は……絶対逃げんなよ!」そして留学したら,ブリキのカメレオンを持って追いかけてきてください。「残念ながら,あなたといると私は幸せなんです」……あら?これ,私が言うはずだったんだけど。私が追いかけるはずだったんだけど。少なくとも10年前夢見ていた風景では。

故郷の友人は,私の留学が決まったらこの大漁旗の「祝 ご留学 舞さん」バージョンを作ってくれると言っていた。実現したら面白すぎるのに加えて,留学先でも受けがいいだろうと思うと,やめてくれとは言えない。そんな自分が心底悲しい。