読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できっこないをやらなくちゃ

余暇

不道徳教育講座 (角川文庫)

不道徳教育講座 (角川文庫)

青の時代 (新潮文庫)

青の時代 (新潮文庫)

美徳のよろめき (新潮文庫)

美徳のよろめき (新潮文庫)

お嬢さん (角川文庫)

お嬢さん (角川文庫)

夏子の冒険 (角川文庫)

夏子の冒険 (角川文庫)

純白の夜 (角川文庫)

純白の夜 (角川文庫)

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)

本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)

本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)

絶叫委員会

絶叫委員会

にょっ記 (文春文庫)

にょっ記 (文春文庫)

にょにょっ記

にょにょっ記

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

整形前夜

整形前夜

短歌の友人 (河出文庫)

短歌の友人 (河出文庫)

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

シンジケート

シンジケート

ベッドサイド (新潮文庫)

ベッドサイド (新潮文庫)

初夜 (新潮クレスト・ブックス)

初夜 (新潮クレスト・ブックス)

パリの異邦人 (中公文庫)

パリの異邦人 (中公文庫)

蛙鳴(あめい)

蛙鳴(あめい)

先週は北海道に行っていたため,卒論指導を欠席させていただいた。今日TA仲間から事務連絡メールが来たので,用件に添えて「先週はわがままを聞いていただき,ありがとうございました。おかげさまで数千枚弱にも及ぶ大収穫がありました」と送ると,近世史の同僚からは「近世史をやっている身としてはうらやましい限りです」,古代史の同僚からは「ちなみに古代史だと1枚でもラッキーなんてことはざらです」とのメールがそれぞれ返ってきた。そう,その通り,なんだけども史料が多いというのは必ずしも「ラッキー」ではなかったりする。手始めに英語の記事だけでもさっさと読んでしまおうと思って今日はpdf保存した史料をプリントしてみたのだが,ものの100枚ほどチェックしたところで力尽きた。しかも1種類の史料をくまなく読んだからと言って論が立てられるわけでもないので,こんなのまだまだ序の口,どころかそこにも立っていない。一生かかっても読み切れるかわかりません。博論にして遺作,とかいう恐ろしい言葉が頭をよぎる。
上に挙げたのはここ1ヶ月で読んだ本です。まだまだ他にもある気がする。3日に2冊くらいのペースで読んでいたので,とてもじゃないけどこちらで追い切れませんでした。電車に乗っている間に読めるようなものばかりなので,そんなに「読書」をした気分でもない。もうすっかり活字中毒です。どこか外に出る時に本を持っていないと不安になります。