読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すると決めたさまざまなこと

余暇

毎日毎日IELTSの勉強の進捗報告をし続けるのも実につまらないので,本日は東京滞在中にすると決めてあることについて書きまする。

American Ballet Theatre

想像以上にIELTSの勉強がきついので逡巡していたが,「学生は半額」「25歳までだから今年までだよ」という幻聴が聞こえ始めたので,ええいままよとチケットを予約してしまいました。クローゼットにて眠れるワンピたちよ,出陣じゃ。ギンガムチェックかコーラルピンクかどっちにしようかなぁルンルン。最近ワンピースを買っても「これ着て今度の学会に行くんだぁ☆」などと倒錯した喜びを感じていたので,こういう「ありうべき」ワンピースの活躍場所があるととってもうれしいですね。ひゃっほう。

はちえん

八月演奏会でのわたしの演奏順についてアナウンスいたします。8/6(土),第6部(16:40-17:50)の最終走者……じゃなかった奏者です(うっかり箱根っぽくなるところであった)。場所はかつしかシンフォニーヒルズのアイリスホールです。
コンセプトは「悩殺・籠絡・ファイヤーワークス」……嘘です。今のわたしと同じくらいの齢の(!)ショパンが作曲したピアニストの試金石的名曲ですが,まぁわたしはピアニストじゃないので(「ピアノを弾く人」という意味では正真正銘ピアニストだが),憧れのこの曲を弾ける喜びを大切に演奏いたします。

ところで,はちえんについて気になることがふたつ。まず,第1日目の最終曲がバラード1番で,第2日目の最初の曲もバラード1番である。ある意味において「バラ1に始まりバラ1に終わって」いる。それからふたつめ,まぁうちのサークルにおいてはそう珍しいことでもないのだが,1人でものすごい量を弾く奏者が今回も一定数いらっしゃる。たとえば

J. S. バッハ フランス組曲第5番 ト長調
ショパン バラード第1番
ラヴェル 「夜のガスパール」より「スカルボ」

リスト 愛の夢 3つの夜想曲 S.541 より 第3曲 変イ長調
メンデルスゾーン 無言歌集 第4巻 Op.53 より 第3曲 ト短調 「胸さわぎ」
リスト コンソレーション S.172 より 第4曲 変ニ長調
ショパン バラード 第3番 変イ長調 Op.47

ショパン ポロネーズ 第6番 変イ長調 Op.53 「英雄」
     ワルツ 第10番 ロ短調 Op.69-2
     スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 Op.39
     バラード 第4番 ヘ短調 Op.52

などといった具合。ほとんどリサイタルではないか。特に最後の「オール・ショパン」プログラム,スケルツォ3番弾いたあとによくぞバラード4番が弾けますなぁ……1年生ってすごいな。圧倒されております。がんばってください!