読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壮行会

学校

毎年恒例の留学壮行会。カポ・ペリカーノにて。ここ割と高めではあるので,主役お2人をご招待+プレゼント代もみんなで折半ということだとどうなることかと心配してはいたのだが,料理代+1000円でおさまっていた。おそらくは助教に多大なるご助力をいただいていると思われる。ありがとうございました。料理は総じておいしかったのだが,桃を使った冷製カペリーニがよくわからない味であった。料理に果物はやはりいかん。それにカペリーニ,やっぱりどうしても素麺に思えてしまうのです。
研究室在籍者で,留学を控えた学生としてはついに最高学年になってしまった。この「次は我が身」感。M1の頃などは,この壮行会も夏休みの始まりを飾る楽しい飲み会くらいに思えていたのに,さすがに今年は感慨深かった。わたしの学年は女子3人なのだが,話を聴いている限りではめいめいばらばらの時期に旅立つことになりそうなので,わたしたち自身が壮行されるのかどうかはわからない。それに近年,うちの研究室は結構新陳代謝がよいのである。ポスドクにあたる先輩方は続々とご就職されたし,こうして続々と留学にも出かけていくので,メンバーの入れ替わりに惑わされて割と常々新鮮な気分でいられるのだが,気がつくともう6年もお世話になっていることに愕然とする。いい加減留学が近付いてくるわけである。居心地がいい場所にいつまでもいられないのは不安ではあるが,若いうちはそれくらいの方がいいんでしょうね。