読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新妻エイジと関羽

余暇

★:わたし ★:友人
★『バクマン。』がおもしろすぎるということをぜひ伝えたい。TSUTAYAで全巻借りているのはわたしだ。
★ばくまん,途中まで読んでやめちったよ〜 でもピュアな恋愛は好感が持てたわに。
<中断>
バクマン読書を再開してもらいたいがために新妻エイジ(の画像)を添付しておきます。
★エイジって名前の新妻の写真か思った。しかしこいつかろうじて知っとるわ!わがままっぽい天才的な奴かな?!
★そうですそうです。新妻くん素敵すぎてわたしの携帯の待ち受けです。そっち(の画像)も添付する。
★ちょっと新妻くん素敵やーん?まぁうちの関羽くんとは比べもんにならんがの。つい添付したわ。ちゃんと表示されるかなっと。
関羽くん,ばっちり受け取ってせっかくなので待ち受けにしました。案外手塚マンガっぽいイケメンじゃなぁ。
新妻くん巻を追うごとに素敵じゃから!ぜひ再開して!エキセントリックな天才いいわー。コナンみたいな真城サイコーよりよっぽどいい。

バクマン。 13 (ジャンプコミックス)

バクマン。 13 (ジャンプコミックス)

三国志 (1) (潮漫画文庫)

三国志 (1) (潮漫画文庫)

というやりとりを友人との間でここ2日間交わしており,待ち受けを関羽にしたところでやっと気づきました。これは相当やばい。もともとオタク気質は相当なものであるところのわたしである。アニメやゲームにほとんど興味がなかったから,「いわゆる」オタクにはならなかったというただそれだけのことで。興味を持つと最後,ずぶずぶと深部までのめりこんでしまうまでに全然時間がかからない。ただ,研究者を目指す者としては得ではあるかと思います。
しかしそこまでハマりにハマった『バクマン。』も今日返却してしまい,最新巻14巻のレンタル開始はまだ先だということなので(各巻の好きなシーンのコピーを取っておこうか真剣に悩んだ),明日からはこちらを読みたいと思います。

タルホが読みたいなぁと思っていたら『日本の文学』に収録されていることが判明。百間に牧野信一にタルホって,これ,紛れもない変態特集,いや変態大特集!しかも解説,タニジュンです。めくるめく世界から帰ってこられなくなったらどうしましょう。And do I dream again?