読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリー・ポッターと死の秘宝 part II

映画

再挑戦してきました。今回はわたしの運転で。事故の後で,それも同じ場所に行くというのはさすがのわたしも緊張した。
もう終わるようなやっと終わるような感じだが,とにかくすっきりした。1作目からもう10年ですものね。確か原作第一作『賢者の石』を読んだのが中2の時で,映画第一作を見たのが高1の時だったか。感無量。特に今回は,ここ数作が原作も映画もひたすら暗かったのもあり,心から喜べる大団円でした。
映画の醍醐味はやはり,映像として魔法を見られるということですね。今回は特に,大人たちの使うハイレベルな魔法がとてもかっこよかった。あと映像で見てすばらしいのは何と言ってもネビルの大活躍ですね。ネビルは冴えない劣等生だが,橋にヴォルデモートの一派をおびき寄せて逃げながら爆破するところなど,『ダイ・ハード』を彷彿とさせた。ロンとハーマイオニーについては,映画の方がうまいこと描いていたような気さえする。原作ではとってつけたような感じだったので。
気になったのはドラコ・マルフォイの腰巾着2人,クラッブとゴイルなのだが,クラッブ役をずっとやっていた俳優が何か悪いことをしてつかまったとかで降板になった……ということまでは知っていたのだが,今日見てびっくりした。クラッブ役は何事もなかったかのように黒人俳優が務めていた。えっ。もちろん前任クラッブは白人俳優である。そのキャスティングは結構目立つと思うのだけど,どうなんでしょうか。