読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(ギア)全開ガール

余暇

「ギア3速に入れてみようか」「はいっ」「うん,それ5速じゃなあ」「えっ」教習第1日目。クラッチもさることながらギアチェンジが至難の業です。頭とクラッチとギアチェンジがうまく連動せずエンストし,体制を立て直そうと焦って再びエンストする,という悪循環。「体で覚える」というのが子供の頃から何より苦手でした。なんとなくでも頭で構造を理解していないとおろおろするのです。わたしの親は,わたしが「ボール投げができない」ということで担任教師に呼ばれたことすらあるのです(投擲の構造が理解できていなかった)。運動神経もまったく誇れたものではないが,これ,運動神経とは別の次元である気がする。
それにしてもこの教習所,通っている時間の関係もあってのことかもしれないが,普通車の教習などわたししかいません。狭い教習所のコースの中はトラックとハーレーダビッドソン大型二輪教習をハーレーで受けられるというのが売りらしい)しか走っていない。トラックは新しく運送業に就こうとする若者たちが運転を覚えているのだろうからいいとして,大型二輪,なぜこんな人気があるのか。バイク便でもやろうかって人以外,大型二輪免許を「必要に迫られて」取る人って,たぶんいないですよね?みなさんおそろく趣味ですよね?しかも,昨日も書いたが,女性人気が高いようなのである。おっかなびっくりAT限定解除なんて受けているわたしからすれば(コンプレックスになりつつある),みなさん峰不二子に見えます。ルッパァ〜ン。もしかして次なるブームは「バイク女子」なのか。ひょっとしてもう始まっているのか。「MT女子」が来ることを祈りたい。