読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっと見つめてるから走り続けて

余暇


いやーめでたい。友人が司法試験に合格しました。今年は合格率最低だったって聞いたよ。すごいすごい!!
彼とは大学入学以来の友人で,サークルの新歓コンパで同じテーブルになり,某氏について「あの人藤井隆に似てるよね」と話したのがはじまりです。それから実に8年間苦楽をともにしてきましたが,主に院進学後の(ネガティブな)日々を支え合った心の友です。M1のときはなぜかほとんど毎日待ち合わせてお昼を一緒に食べていた(よせばいいのにサラダバーでタラモを取る彼)。総合図書館前でRihanna「Umbrella」を一緒に熱唱したこともありました(先々月はラクーアLady Gagaを熱唱しました)。市ヶ谷プロントでパスタ食べたねぇ。市ヶ谷To the Herbsでもパスタ食べたねぇ。台湾にも一緒に行ったねぇ。マドンナ踊ってたねぇ。都路里でパフェ食べたねぇ。わたしが帰省すると「また勝手に帰省したの?」ってメールくれたねぇ(あのメールは保護してあります)。ああ,今までの思い出が走馬燈のように。思えば彼の司法試験合格は,わたしたちP会2004年度入会生たちみんなの夢であったような気すらすると言ったら過言か。なんだろう,このひと区切りついた感は。会室ノートに「夢は弁護士になることだ。」って書いてたもんねぇ。その隣に全裸のイラストがあったけど。予備校のテキストのメモ欄には「こんなにも悲しい俺の人生」って書いてあったねぇ。でもその辛く長い時代も,今思えば必要な日々であったでしょう。わたしはずっと信じてたよ!長い目で見たらスタートラインに立ったばかりで,これから就活とか修習とか大変なこともあるだろうけど,立派な法律家になってね。そしてわたしが結婚詐欺に遭ったら,友人のよしみで格安にて訴訟を手伝ってください(前は「離婚調停を」と言っていたのですが,こっちの方が現実味がある気がしてきました)。あっ,でも詐欺は刑事事件だから訴訟云々の話しではないのか,まぁ詳しいことはわかんないです。それにしても彼が弁護士としてスタートするのは来年でしょうから,そうなると彼は27歳か。東大法学部卒で弁護士で27歳。モテてモテて困っちゃうわよ。もっともあなたの場合,本当に困っちゃうでしょうけど。とりあえず皆の者,学年会じゃ学年会じゃ。学年会を開くのじゃ。
あ,ちなみにわたしはAT限定解除の検定に無事合格しました。検定はわたし1人だと聞いて安心していたのに,いざ乗る段になると運転席の後ろに男の子が乗っていたので仰天したが。どうも検定は誰か人を乗せていなければならないという決まりがあり,試験官がそこらで時間をつぶしていた教習生をひとりスカウトしたらしかった。ローギアの時間が長いのは相変わらずだったが,初めて1回もエンストせず,もちろん脱輪もなく,ここ3日間の集大成として素晴らしいドライヴィングでした。わーい。前述の友人にお祝いを述べようと電話をして,ついでに「あたしもAT限定解除に合格したよ」と告げるとしばらく爆笑された後,「でも試験に受かるってすごいことだと思うよ,ほんとに」と言われた。嫌味にしか聞こえないですけどー。夢はマニュアル車に乗ることだ。