読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必ず僕らは出会うだろう

余暇

夜,母と妹と3人で近所のカラオケボックスに行ったら,エントランスに「岡山県婚活支援センター」による「期間限定婚活応援キャンペーン」のパンフレットが置いてあった。面白かったので転載します。

あなたの結婚チェック!当てはまる項目がいくつありますか?

  • 異性と出会うきっかけがない
  • 職場が同性ばかりで異性の方があまりいない
  • 仕事が忙しく相手を探す時間がない
  • こちらから異性に話しかけるのは苦手だ
  • 異性の目を見て会話が出来ない
  • 休みの日も1日中家に居ることが多い
  • 友人の紹介,親の知り合いなどは恥ずかしく気乗りしない
  • いずれは運命的な出会いがあると居間でも信じている
  • これまでの人生で恋愛はあまり得意な方ではない
  • いい相手さえ居ればすぐにでも結婚したいと思いつつすでに3年以上の月日が過ぎた

3つ以上の項目に当てはまったら要注意だそうです。3つと言わず4つか5つくらい当てはまるのだが,そんなわたしを震撼させる文句が続けて記載されていた。

のんびりしていたら婚期を逃すだけではなく一生独身で過ごす可能性が高くなります。ご両親もこの先ずっと元気で居られる訳ではありません。将来一人になったときのことも想像してみて下さい。これからの長い人生,パートナーが居るのと居ないのとでは大きな違いです。人生は一度だけです。後々悔いを残さない為にも自ら行動して運命の人を探されてはいかがでしょうか?

「のんびりしていたら婚期を逃す」に飽き足らず「一生独身で過ごす」「両親もいずれ死ぬ」とまで……もはや恫喝に等しい気がするのだが。そこまで言われてからの最後の「運命の人を探されてはいかがでしょうか」,これを英訳する時はおそらく「Why don't you〜?(〜してはいかが?)」ではなくて「You had better〜(〜しろよ,じゃないと何があっても知らないぞ)」にする方がふさわしいように思う。
ところで中学でご一緒した方へ。あのお店でこーへー君が働いていました。レジのお兄さんがこーへー君ではないかと思いつつ,しかし名字も大して珍しいものではないし実に10年ぶりくらいの再会だし,人違いだったら恥ずかしいしと逡巡して結局声をかけずにいたのだが,通された部屋でレシートを見たら思いっきり彼の名前が印字されていた。決定したところで帰りに声をかけようかと思ったが,また気づいた。中学時代に彼と話したことがあっただろうか。こーへー君なんて馴れ馴れしい呼び方をしているのも,みんながそう呼んでいたからである。そういうわけで結局,声はかけずに帰った。おそらく彼はわたしに気づいていたと思う。淡いっ。淡いわっ。

こちらから異性に話しかけるのは苦手だ

一生独身で過ごす可能性がさらに高まってしまった。