読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片づけの魔法・その3

余暇

2日がかりで片づけるはずが,意外にCDやDVDで手間取ってしまい,3日目に突入。やっと居室を抜けだして台所に進みつつある。
いつも通り昨日の反省。「書類は全捨てが基本」と『片づけの魔法』に書いてあったが,その通りであった。書類のほとんどって,「いつか読み直すかもしれない」と思って置いてあったりするレジュメとか,そういうものなんですよね。ファイリングだけはきちんとしてあるのだが,そのファイルごと埃をかぶっていたり。「逆説的ですが,いつまでも手元に資料があるから実行しないのだと,私は思います。」(137頁)その通りですね。この機に全部処分しました。机の上に作りつけてある棚は今必要なもの以外に何もなくなり,また足もとに置いてあったボックス類も少数を残して全部撤去。ああ,新鮮な風が吹き抜けて行くような気がする。
続いてCDやDVD。既製品のCDやDVDより,CD-RやDVD-Rが大変でした。なぜなら表面に名前を書いていない=何が入っているかわからないものが多かったので。本に関しては「捨てる時に内容を見るな」とのことで,CDやDVDに関してもそれは同じだろうと思われたのだが,一応確認だけしておいた。こちらもほとんど処分しました。持っているCDが高校の時買った洋楽ばっかりで,CDをあまり買わなくなったなぁということに改めて気づいた。わたしももう,パンクを好んで聞く齢でもない。それからCDのケースも,不織布のスリーブに入れ替えてほとんど処分しました。すっきり。