読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21

音楽

21

21

大変な今さら感がありますが,アデル。とてもいいです。「本物っぽい」ではなくて本物だと思います。若いのに老成している。声に哀愁がある。哀愁でいと。違うか。
くだらないことを申しましたが,やはり圧巻は1トラック目の「Rolling in the deep」。オーケストレーションを感じました。とても表情豊かなのに,テンポはメトロノームではかったように正確。おそらく真面目で几帳面な人なのだろう。じゃないとグラミーを獲った直後に「恋愛に専念するために」休業だなんて言い出さないだろうし。
このアルバムしか聴いていない状態で言うと,「どの曲もいい」とは,少なくとも今は言えません。まだ聴きようが足りないのかもしれないが,若干の中だるみはある。それでもなお,出来る限り再生しっぱなしにしておきたいような1枚です。