読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

finally

勉強

夜中の2時や3時までかかって,ようやく章構成(のまがい物)を含めた関連資料提出。
しかしなんというか,章構成もいざ第一稿を作成してみると,自分が博士の3年間*1何をやってきたのかという結果をまざまざと眼前に突き付けられて愕然としますね。正確に言えば,何をやってきたのかというよりも,今までにやってきたこととの関連性があまり見いだせないということを。また新しくやらなければならないことばかりで,二次文献からまた読み直さなければならないものばかりで,今までやってきたことがせめて無駄ではないと思うし,そう信じたいのだが。同じことを日本で指導教官に話した時,遊んでいて進んでいないわけではなくて視野が広がった分やることが増えただけだからいいじゃないかと言われたが,むしろ今まで遊んでいて何も進んでいない方が救いがあるような気すらする。

*1:こちらではまぎれもなく"first year PhD"だが,日本では現在博士の3年目が終わろうとしているということは常に忘れないように心がけています……。