読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブリンに一つの報告がもたらされた

余暇

10日後にポルトガルへ旅行するのだが,そういえば向こうの気温はどれくらいなのだろう,とふと気になった。なんせダブリンは20℃を超えたら暑いと感じるくらいなのだ。ということで調べてみると,
最高気温35℃近く!!
主の平安!基督の栄光!!!!
日本のみなさまからはよく「夏そんなに暑くなくてうらやましい」と言われるが,断じてそんなことはない。そりゃ確かに,多少過ごしやすくはあるが,だって暑い日や日が長い日が続いたりしても気が滅入ったりはしない。人の精神を蝕み追いつめるのは底冷えするような寒さと暗さに雨,おまけにそれが半年近くも続くことである。
ああ,それにしてもうれしいなぁ,本格的な夏。思いっきりリゾート気分が味わえそうである。同じように西欧の端っこで大西洋を向いていて,ポルトガルは世界的な冒険家を多数輩出したのにアイルランドはそうでないのは,人の気持ちを浮き立たせ大海原へとかき立てる何か,たとえば気候的な要因とか,がなかったからなのではないかと思えてしまう。