読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が好きでしょ?

f:id:Mephistopheles:20140215135503j:plain

今日はバレンタインなので,バレンタインフェアのテーマソングであったキスマイの『運命Girl』の一節。そもそもかわいい曲なのですが,何よりもこの曲の佳所は「俺が好きでしょ?」という歌詞の一節に尽きるのではないだろうか。ジャニーズ楽曲大賞2013でも「巧妙」というコメントとともに投票がなされていたが,まさにそうだと思う。そしてやはり,デビュー時から「そうさ僕らはsuper boy」とか「We are cool」とか言えていた嵐とは違うのだということを思わざるを得ない。馬鹿にしているのではない。デビューシングルから2枚,自分たちがこれまでいかに泥臭く努力してきたかを歌うような曲が続いて*1,シングル6枚目,しかも両A面の正直言って「目立たない方の曲」でやっと言えた感のあるこの一言。冒頭で書いた「巧妙さ」はここにつながってくるのだが,ことキスマイは,自分がファンだと認めるまで多少の時間を要した人も多いのではないかと思う(何を隠そう,私がそうでした)。そういう人たちに,いい加減認めたら?と勝ち気に微笑みかけるような曲。やられました。もっとも私がこの曲を聞いたのは,キスマイを好きだと認めてからのことでしたが。You You You are the one♪

f:id:Mephistopheles:20140215135820j:plain

口では小馬鹿にしながらずっとやってみたかったことを実現してみた。28歳にして。なんか,これ,えっ,超楽しい!!!!!

さて今日は男子FS。もはや私は大ちゃんのことしか考えていなかったが(羽生くん町田くんごめん),今日はずいぶん落ち着いて見られた。しかしその一方で,こんなに落ち着いて見られることや大ちゃんが笑顔で演技しているということに,引退を前にした彼の達観を感じ,さらにビートルズメドレーのThe long and winding roadも相俟って,なかなか胸にこみ上げる切なさがあった。順位も点数ももう少し高くてもいいのではないかと若干の不満も残ったが,それにしても大ちゃんが晴れ晴れとした表情だったのが本当によかった。今まで本当に,いろいろな力をありがとう。違う世界すぎていつも意識していたわけではないけれど,それでもいつもどこかで心の支えでした。28歳*2って,ひとつのことに終止符を打って新しいステージへ向かうような齢でもあるんですね。なんだか身につまされる。

大ちゃんも終わったし,羽生くんも終わったし,やれやれ,とみんながおのおのの作業に戻りかけたその時,私たちの視界に緑色の衣装に身を包んだポニーテールの青年が入ってきた。最終滑走らしい。なんだこいつ。きもちわる。と一瞬思ったが演技が始まってみると,なんだか楽しそうでとても引き込まれる。それに終わった後のキス&クライ,何この子超かわいい!!!!!ガーリー!!!!! コーチとの距離感がなんかもう女子会みたい!!!!! この19歳のアメリカ人の青年ジェイソン・ブラウンは10位に終わったが(彼ももっと上でいいと思うんですけど!),私たちは今や「ジェイ子」と呼んですっかりファンである。

*1:『We never give up』なんてもう涙なしに聞けません。

*2:大ちゃんは27歳だが。