読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今 何がアタリマエだったのか もう一度考えよう

今日は指導教官と面談。来月のProgress reviewを前に,先週金曜日までに草稿を送るように言われていたのでそのようにしたのだが(先々週はなかなか追いつめられた),なんやかんや今日までただそわそわして過ごしてしまった。もともとは提出後も加筆訂正を進めるという立派な予定を立てていたのである。この原稿提出後症候群(略してPSS: Post-submission syndrome)はいつものことで,諸先輩方もそうだったと聞くのだが,私の場合何が問題かというとそれがやたら長く続きがちなところである。今だって,草稿を書きあげてから実に10日くらい経過している。10日あれば8000語は書ける。それに今日は面談における英語も絶不調であった。なかなか情けない。

しかしいいこともあって,まずは論文自体が否定されなかったこと。なんか論旨は散らかっているしだらだらまとまりはないし,おまけに史料分析もいまいち自信がないし,で博論の1つの章にするにはあまりにレベルが低い,くらいのことを言われると覚悟して噛ませ犬のような気分で面談に赴いたのに,意外にも特に否定的なコメントはなかった。先生たちはいつもどこか褒められる部分を探して褒めてくれるので,そのことがむしろ,研究者として半人前だという証拠であるようで少しばかり切ない。まぁこれは,私がこの章のテーマにまとまった時間取り組んだため,愛着有り余って自分で自分に批判的になっているのかもしれないが。

それからもうひとつ,学会で報告した内容を加筆訂正して投稿論文にまとめる計画を恐る恐る話してみると,意外にOKだった。候補となる雑誌も2冊示していただけたうえ,取り組むならProgress reviewのあとがいいタイミングだと思う,と言っていただき,計画が一気にとても具体的になった。PhDの期間で博論に集中するかどうかは指導教官の方針によるところがかなり大きいと思うが,私の指導教官は幸いにも「幅を広げておきなさい」タイプだったようで,博論しか成果がなかったらそれしかできない人だと思われてしまうかもしれないから,もうひとつふたつちょっと違うテーマで雑誌論文を書いておくのはいいことだと思うよ,とのこと。なんと励みになるお言葉でしょう。これも,お前に英語の投稿論文なんて笑わせるな*1くらいのことを,しかし私の指導教官は決してそんなことは言わないので,たとえば「博論に集中した方がいいと思うよ」とかオブラートに包んで,言われても仕方ないと思っていたのである。……今気づいたが,この私の卑屈なまでの自信のなさはいったいなんなんでしょうね。

まぁ,いずれにせよ今回も面談が終わった。帰宅後はPSSに加えてPSS2型(Post-supervision syndrome)まで発症し,今年元旦のCDTVでの『Luv sick』および『Snow domeの約束』のパフォーマンス,『We never give up!』*2と『SHE! HER! HER!』の特典DVD*3,ついでに2010年のカウコン*4まで見るというなかなか充実したことをやってしまった。これらの感想も書きたいところですが,今日はそもそも長くなりましたので,ジャニーズ関連の記述はすべて脚注に突っ込みました。本筋とは直接的に関係しないが(個人的に)重要なことは脚注でマシンガントーク。これも職業病である。

*1:補足:理系では英語の投稿論文なんて珍しくもなんともないでしょうが,文系では学生が書くのは(一部例外を除き)稀といっても過言ではないと思います。

*2:『ネバギバ』のメイキングで「みなさんにとってのnever give upは」という旨の質問を受けていて,みなさん「これからのキスマイを盛り上げていくこと」などと美しく答えていたが,いや,どう考えたって結成からデビューまでの,宇宙飛行士もミッションにアサインされるまでここまで待つのは稀だろうというほどの下積みの日々でしょう,と思ったのはおそらく私だけではないはずである。初めて見た日はまったくなんて質問をするのかと肝が冷えたものである。「涙の日は少しだけ遠く遠く滲む未来」「七転び八起き それが男 崖っぷちで勝てなくても 負けないんだ 逃げない!」

*3:キスミントのCMで振りの確認をするメンバーを見ていたら私もまた踊りたくなったので,キスミントCMバージョンという極めてレアな振り付けを覚えました。でもあのダンス,結局使われたっけ?もし使われてないとしたら,つくづく不憫

*4:『好きやねん、大阪』を嵐が歌い,名曲『One Love』をまさかのエイトレンジャーで関ジャニ∞が披露。帝国劇場ではタッキーが『愛、革命』でフライング(それに伴ってデビュー前のキスマイは新年早々びしょ濡れに)。ああ,満足。2013→2014年のカウコンはキス担としては見ごたえがあったが,やっぱりカウコンはこのように,ジャニーズをあげたものであってほしい。ちゃんとTOKIOもV6も嵐も出てくれないと。