読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞って 舞って 僕のさくら

たぶん今日で,私は一人暮らしを始めて10周年になる。たぶん。これはこの前,義理の叔母とLINEで話していて気づいたのだが(というか言われた)。そうか10年も経ったのかと思うと感慨深いものがある。もっと早く足を洗いたかったと思ったり,まだまだ一人暮らししていたいと思ったり。もっともこちらに来てからの生活はシェアハウスなので,厳密に一人暮らしとは考えていないが。

そして今日からサマータイムが始まった。今日は犬の散歩当番で7:15に起床したので,実質6:15だと思うと最初だけやるせないものがあったが,朝からサマータイムにきちんと順応できたのはよいことである。そこまで日照時間に大きな差のない日本でサマータイムが定着しないのはよくわかるが,こちらに住んでいるとサマータイムがいかに効率的な習慣かよくわかる。そして日照時間を人々がいかにありがたく思っているのかも。今日もまだまだ寒いけど,明るい時間は長くなってきて,春の訪れを感じた。

昨日メールしたライフル部から返信。「24日のを予約しようとしてない?」とのこと。えっ。チェックしてみた。その通りでした。「Next week」をクリックしてページをめくって今回こそ31日(明日)を予約し,いよいよ私はエアライフルに復帰できそうだが,こんな凡ミスをした手前,復帰どころか記録から抹消されてしまいたい。

あと今日はびっくりすることがひとつ。10年前,高3の春に参加した東大箱根セミナーで同室だった子から突然メールをいただいた。彼女は同郷者で,今は岡山で働いているということ。しかし気になるのが,彼女のメールにあった

何だか舞ちゃんと女子トークしたくて、連絡しちゃいました(^^)

 の一節。「女子トーク」……それは人選ミスだと思うな。実際に今日も「アイルランドに留学中だよ」くらいしか話していない。こう見えて私はなぜか女友達の「懺悔」相手に選ばれることが多く(特にライトなアバンチュールの話が多い),人生経験もほとんどないに等しいのにさながら瀬戸内寂聴のような役割を期待されているらしいのである。今回ももしかして懺悔かと少しばかり身構えてしまったのだが(ごめん),そんなことはなさそうだった。よかったー。だって東京の大学出て岡山で働いているなんていうから,なんというか,都会に傷つき疲れたというような話を一瞬にして想像してしまったじゃないの。

今日のタイトルは,春にちなんでNEWSの『さくらガール』。「まって まって」はついさっきまでずっと「待って 待って」だと思っていました。