読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと早すぎるかもよー

いやはや,今日のダブリンは暑かった。冬服をしまう勇気が毎年出ないため,季節の変わり目っていつも何を着たらいいかわからない。今日の私はネルシャツワンピの上に緑のちょっと丈長めのカーディガンを羽織る,というまるで一見したところ「ドジな新人司書」みたいな服装だったのだが,それはそれで誰かのニッチなフェティシズムを刺激した可能性も大いにありうるのでよしとする。

今日もバレエレッスンに行って(弱音:もうずっとバーレッスンだけやっていたい),帰ってから論文を直して指導教官に送ってちょっと満足感を得……たのも束の間,論文以外の提出物がやたらと面倒くさいことに(今頃)気づいた。次回のProgress reviewで提出しなければならないもののリストは以下の通り。

  1. 8000-10000語のドラフトチャプター
  2. 今までに読んだものすべての参考文献表
  3. 仮の章構成(最大1ページの導入節:テーマと中心となる問い,目的,史料と先行研究への貢献がどのようになるか明記したものと,タイトルおよび予想される語数とそれぞれの章が何を論じたものか明記した章のリストを含む)
  4. 次1年の研究計画(だいたい1000語程度)
  5. プログレス・レポート・フォーム

どれも完全に真っ白な状態からひねり出すわけではないからまぁいいとしても,章構成なんてまだほとんど決まっていないし,中心となる問いとか先行研究への貢献とかわかってたら今頃もう書き終わっているわ。そして参考文献表がまた,流血ものの面倒くささである。ああ,考えただけで意識が遠のく。ドラフトチャプターの手直しをこんなにネチネチやっている場合ではなかった。完全に油断していました。

とはいえ最終的な提出日までもうあと10日を切っているし,先生からチャプターにコメントが返ってきたらどうしても意識がそちらに向いてしまうと思うので,うーん,この土日が(ってもう土曜日終わってしまったが)勝負ですな。面倒くさいことは粛々とやってしまうに限る。あーんイヴ・サンローランの伝記映画観に行こうと思っていたのに,これがひと段落つくまでそんな気分になれそうもない。

それにしても今日は,日本(東京)にいたらきっと大忙しであっただろうと思われるテレビスケジュールでした。もしツアがみやっちで,『世にも奇妙な物語』に玉ちゃんが出て,最後『ガムシャラ』。私はそんなにいわゆる「リアタイ」にはこだわっていないけれども,こんな風に祝祭的な(?)日はやっぱりテレビの前に陣取っていたかったものです。そんなこと言ったら『トーキョーライブ』も見られていないし(相葉ちゃんのだけ録画してもらったけど)キスブサの全国ネット放送開始も指をくわえてtwitter眺めていたし,そういえばジャニーズ以外で言えばジョジョもまた始まったんですよね。

こういうことを考えるだけでも,留学で失う最たるものって,タイミングですね。こういう卑俗なことのタイミングから,もしかしたら結婚のタイミングとかも失うかもしれないし(この件に関しては,逆に得る人も多いけれども)。たぶんそういうわけで,なんだか留学するというと「それらをすべて捨てても叶えたい夢がある!」くらいの背水の陣で決意したようなものすごく勇ましいイメージを持たれがちなのだが*1,え,捨てたつもりないですよ。荷物と一緒に祖母の家に置いてあるはずですよ。博論を書いて日本に帰った暁には全部回収するのです。

*1:余談だが,すぐ「(私がいずれ)国際結婚する」とかそういった三段跳びみたいな話になるのはそのせいなの?