読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒカリとカゲ

日本では祝日でお休みだったようだが,私は朝9時から面談,それも年度末の進級がかかったやつだった。

いろいろと準備していったのだが,最初の質問は「章構成をなぜこれにしたのか」というもので,いきなり面食らった。しどろもどろになりながら「第1~3章は『上から』の読書史を,第4~6章は人々の実際の読書の様子を描きたいと思ったんです」と説明。そのあとはちょこちょこ質問されつつ,大概は先生たちからアドバイスを受ける形。いつ質問が飛んでくるかと気が休まらなかったので,慢性的に気が張りっぱなしだった。最後に進級が認められるかどうかの結果が言い渡される前に数分部屋を退出させられるのだが,指示がよく飲みこめなくて(まさか部屋を出ろといわれているとは思わなかった)ヘラヘラしていたら,「……うん,出て?」みたいに言われてすさまじく恥ずかしかった。待つこと数分,おかげさまで博士課程3年生に上がれることになりました。あと1年で学生生活に終止符を打てるよう,がんばって博論執筆に励みたいと思います。

……しかし,そういった矢先にやったのは,るかちゃんとSexy Zoneに盛り上がり,ふたりで『Lady ダイヤモンド』を歌い踊り,さらに夜中にKAT-TUN『CHAIN』を鑑賞することでした。でもやっぱり『CHAIN』はいいライブだった。みんなしっかり踊っているし。MCはだらだら長いけど。るかちゃんが貸してくれというほどだから間違いない。ハイフンとして一緒にがんばろうね!